残念なお知らせ。タイムトラベルで過去を変えても未来は修正されない(オーストラリア物理学者)

残念なお知らせ。タイムトラベルで過去を変えても未来は修正されない(オーストラリア物理学者)

過去に戻れても未来は変えられない /iStock
 現在の自分は過去の積み重ねである。過去に干渉すれば現在や未来が変わっていくと考えるのが普通だろう。だがここで矛盾が生じる。

 もしタイムトラベルで過去に戻って自分の親を殺したらどうなるのか?親がいなければ、自分はこの世に生まれていない。生まれていないなら、タイムトラベルだってできないことになる。
 
 この矛盾は「親殺しのパラドックス」といい、かねてより議論されてきた。ある人が過去に戻ってそのタイムトラベルを不可能にするよう行動したとしたらどうなるのか?

 オーストラリアの物理学者はこの矛盾に数理物理学を使って答えを導き出した。結論から言えば、過去を変えても未来は自動修復されてしまうという。
【親殺しのパラドックス】

 「親殺しのパラドックス」は、タイムトラベルにまつわるパラドックスで、SF作家のルネ・バルジャベルが著作「Le Voyageur Imprudent(軽はずみな旅行者)」(1943年)で描いたものだ。

 英語では 「grandfather paradox(祖父のパラドックス)」と呼ばれており、「ある人が時間を遡って、血の繋がった祖父を、祖母に出会う前に殺してしまったらどうなるか」というものである。

 そうすると、タイムトラベラーの両親のどちらかが生まれてこないことになり、結果として本人も生まれてこないことになる。

 ということは、存在しない者がタイムトラベルをできるはずがなく、祖父を殺すこともできないから祖父は死なずに祖母と出会い、彼が生まれる。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「残念なお知らせ。タイムトラベルで過去を変えても未来は修正されない(オーストラリア物理学者)」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    過去や未来は人間の想像したものに過ぎない。過去は記憶だけど。あるのは今だけ。タイムトラベルなんてできる訳がない。タイムトラベルができると思ってる奴は知能が低すぎる。

    0
  • 匿名さん 通報

    過去に戻って人生を良い方に修正しようとすればするほど事態が悪化していく、というこわーい映画があったなあ。で、ぐるぐる回ってその「悪い結果」が山のように積み重なっていくだけなんだよ。題名は忘れた

    0
  • 匿名さん 通報

    (続)それは、難破してボートに乗った数人が大型船にむかって助けを求めるが反応はない、実はその船には未来の自分が乗っていた、っていう映画。もう一度見たい。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月2日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。