室内飼いの猫は何時間くらい1匹での留守番に耐えられるのか?外出するときの注意点は?

室内飼いの猫は何時間くらい1匹での留守番に耐えられるのか?外出するときの注意点は?
v>
 仕事や用事で家を空ける時、飼い猫を1匹で留守番させることを余儀なくされる飼い主は少なくないはずだ。犬の場合4時間が限界だと言われているが、猫の場合はどれくらいなのだろう?

 アメリカの猫の専門家たちは、飼い主が猫が1匹で耐えられる時間の長さや、外出時に留意する点などを『Inverse』でアドバイスしている。

24時間以上放置しない方が望ましい 「猫にも感情があり、社会的生活を営んでいるので、長時間放置しておくことは適さない」とアメリカ・カリフォルニア大学デービス校の獣医学部博士研究員であるマイケル・デルガード氏は言う。

 具体的には24時間以上留守番させない方がいいという。
猫を24時間以上、放置しておくことはお勧めできません。ボウルに餌を満たしておけばいいと思う飼い主もいるでしょう。ですが、それは猫の健康を危険に晒す可能性があります。

ストレスで食べ過ぎたり、水の入った皿を倒したり、怪我をしたりすることもあります。
 では、自動フードフィーダーならいいのか。実はこれにも問題が起こる可能性があると述べるのは、自身も猫を飼っている獣医行動学者のキャサリン・パンクラッツさんだ。
フィーダーだから一定の量が出るので安心、というわけではありません。うまく機能しないこともあります。
 自由気ままなイメージがある猫だが、犬と同様1匹にされれば不安になり、その孤独やストレスから問題行動を起こすことがあるそうだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク