【3週連続インタビュー:第1回】笑顔の連鎖をずっと続けていけるファンとの関係でありたい――櫻川めぐがコンピレーションアルバム『キボウマイロード』に込めた想いとは?
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
声優・歌手として活躍する櫻川めぐの10年以上に及ぶ楽曲を集めた、櫻川めぐ×Elements Garden コンピレーションアルバム『キボウマイロード』が10月20日に発売となる。歌い手・櫻川めぐとしての“生きた証”ともいえるこのアルバムの発売を記念して、3回連続でインタビューをお届け。
第1回は櫻川めぐの単独インタビュー。彼女がこのアルバムに託した想いや、修業時代から現在までの生い立ち、そして彼女が大事にしている歌への強い想いを語ってもらった。決して平坦な道ではなかった櫻川めぐの歌い手人生。Roseliaで彼女を知ったというファンにも、歌い手としての彼女の歴史をぜひ知ってもらいたいと思う。

――今回、コンピレーションアルバムという形で櫻川さん名義のアルバムがリリースされますが、どんなお気持ちですか?

櫻川めぐ 今、すごくドキドキしてます。嬉しい気持ちと、ここからもう一度始められるんだ、という気持ちもありますね。最近私のことを知ってくださった方には、私の元気な部分や明るい部分だけでなく、過去に歌ってきた楽曲のかっこいい部分も激しい部分も受け取ってもらえるんじゃないかなと思います。でも、どのように受け取ってもらえるんだろうっていう期待とドキドキはすごくありますね。

――良い意味で、現在の櫻川めぐの印象を覆すような楽曲も入っているかもしれないですね。

櫻川 そうですね。ありがたいことに、スーパー音楽制作集団・Elements Gardenの皆さんに書いていただいたコンピレーションアルバムですので、アニメソング、ゲームソングに捉われない多彩なジャンルをお聴きいただけると思います。29曲の中に絶対好きなジャンルの曲があるはずなので、ぜひ好きな曲を探してほしいですね。