モノづくりブランドのM&A及び成長支援に取り組むforestがシードで過去最大規模となる約9億円を調達

UTEC及びグローバルVCからの調達を皮切りにエクイティ及びデットによる調達を今後も継続

日本のモノづくりブランドをM&Aを通じて譲り受け、その更なる成長支援に取り組むforest株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役 湯原 伸悟/以下、forest)は、株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ(本社:東京都文京区、以下「UTEC」)及びNordstar Partners limited (本社:英国ロンドン、以下「NORDSTAR」)からの約9億円のシード調達を2021年10月に完了したことをお知らせします。なお、事業の拡大を加速するため、今後も、国内外のエクイティ及びデットプロバイダーからの追加調達を継続していきます。

■forestについて

forestは、2020年の創業以降、Eコマースにおいて販売される日本の良質なプロダクトを企画・販売するブランドを、M&Aを通じて譲り受け、ビジネスとテクノロジーの力を活用して、そのブランドの更なる成長を実現する事業を展開しております。
20世紀後半の大量生産・大量消費型のビジネスモデルから、近年は生活者の嗜好の多様化が進み、それに対応して独自商品を販売する小規模事業者が増えています。こういった小規模事業者がゼロから生み出した大切なブランドを、forestがM&Aを通じて譲り受け、自社ブランドとして1から10、1から100の成長の実現に取り組みます。具体的には、出店先となるAmazonや楽天等のECモール内におけるデジタルマーケティングの強化、小規模事業者では難しい越境ECへの積極的な取り組み、また、データサイエンスを駆使した販売/市場データの分析・活用等を行って参ります。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク