羽生結弦の忘れ難き思い出『Origin』 見る者の心を揺り動かす“原点”の続きは来季へ…

羽生結弦の忘れ難き思い出『Origin』 見る者の心を揺り動かす“原点”の続きは来季へ…

2020年の世界フィギュアスケート選手権は、残念ながら中止となった。出場を予定していた選手たちもさまざまな想いを口にしながら前を向いており、ファンもまた同じ気持ちだろう。世界選手権の名場面を振り返り、美しい記憶に身を委ねながら、新たなシーズンへと想いを馳せる連載の第4回。

突き上げた手は、まるで天にまで届くかのようだった。会場の空気を支配し、熱気を醸し出す。まさに奇跡を目の当たりにしたような感覚だった。2019年の世界選手権で演じた『Origin』、それは羽生結弦が自らの“原点”を取り戻し、新たに挑み続ける物語のプロローグだ――。

(文=沢田聡子、写真=KyodoNews)

2019年の世界選手権、羽生結弦が見せた魂の『Origin』

記者席はリンクレベルよりかなり上だったが、羽生結弦の滑りを目の前で見たような感覚が今も残っている。通常はプレスの立場上、拍手もスタンディングオベーションも自重しているが、この時ばかりは背筋がぞくぞくするような『Origin』が終わると、自然に立ち上がっていた。総合2位に終わった羽生自身は達成感よりも悔しさが勝っただろうが、それでもあえて書きたい。2019年世界選手権(さいたま)のフリー『Origin』には、数字では表せない価値があった。

日本開催のこの世界選手権で、羽生には常に熱い視線が注がれた。2018年11月に行われたロシア杯の公式練習で右足首を負傷した羽生にとり、約4カ月ぶりの実戦ということもあっただろう。会場のさいたまスーパーアリーナは、練習用のリンクでも羽生が出てくるたびに熱気に包まれていた。 


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「羽生結弦 + 海外メディア」のおすすめ記事

「羽生結弦 + 海外メディア」のおすすめ記事をもっと見る

「羽生結弦 + GPシリーズ」のおすすめ記事

「羽生結弦 + GPシリーズ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「本田真凛」のニュース

次に読みたい関連記事「本田真凛」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 羽生結弦 4回転
  2. 羽生結弦 GPシリーズ
  3. 羽生結弦 twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。