データが示す井上尚弥“モンスター”の証明。世界戦15試合で29ダウン奪った「緻密な」破壊力

データが示す井上尚弥“モンスター”の証明。世界戦15試合で29ダウン奪った「緻密な」破壊力
拡大する(全1枚)

バンタム級のWBAスーパー王座とIBF王座を持つ井上尚弥(27=大橋)は10月31日(日本時間11月1日)、アメリカ ネバダ州ラスベガス・MGMグランドのカンファレンスセンター(通称「ザ・バブル」)で防衛戦に臨み、WBA2位、IBF4位、WBO1位のジェイソン・マロニー(29=オーストラリア)を7回2分59秒KOで一蹴、両王座を守った。ボクシングの聖地・ラスベガスでの初戦ともなったプロデビュー20戦目、世界戦15戦目を完勝で飾った井上尚弥の強さをボクシングライター・原功氏に解説いただいた。

(文=原功、写真=Getty Images)

見えない敵をも一蹴し“モンスター”ぶりを証明した井上

モンスターはやはり強かった――。

6回に左フックでダウンを奪い、7回にカウンターの右を決めてフィニッシュするという鮮烈で印象的な勝利だった。ボクシングの聖地で完璧なKO勝ちを収めた井上の評価と注目度は今後、さらに上昇することは間違いない。

節目のプロ20戦目を迎え世界戦15連勝(13KO)を収めた井上を、あらためて彼が奪ったダウンの数などデータで見てみよう。

6回終了時点のジャッジ三者の採点が60対53、59対54(二者)だったことでも分かるように、最初から井上が主導権を握る展開だった。

特に光ったのが左ジャブだ。4年前に対戦して6回TKO負けを喫した河野公平氏は「井上選手の左ジャブは他の人の右ストレートに匹敵する強さがある。右は(常人の)3倍」と評したが、その左が挑戦者の堅いガードを破って再三ヒット。マロニーの顔は初回から赤く色づいたほどだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

井上尚弥のプロフィールを見る
REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「井上尚弥」に関する記事

「井上尚弥」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「井上尚弥」の記事

次に読みたい「井上尚弥」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク