長野久義流「飲みニケーション術」とは? “人見知り”が新天地で活躍する秘訣

長野久義流「飲みニケーション術」とは? “人見知り”が新天地で活躍する秘訣

長年慣れ親しんだ環境を変えることは、誰にとっても簡単なことではない。それはプロ野球選手もビジネスパーソンも同じだ。9年在籍した巨人から広島に活躍の場を移して3年目。自身を“人見知り”と称する長野久義は、いかにしてチームに溶け込んだのだろうか? そこには、“チョーさん”流の飲みニケーション術があった――。

(インタビュー・構成=花田雪、撮影=高須力)

はたから見れば“良い兄貴分”も、自分自身を“人見知り”と口にする

長野久義は、自身の性格を「ものすごい人見知り」だと語る。

ただ、周囲から見た印象はどうだろうか。

読売ジャイアンツ時代、そして広島東洋カープ移籍後も、はたから見ると「良い兄貴分」としてチームをけん引しているように見える。

自己分析と周囲のイメージには少なからずギャップがあるが、そこにはプロ野球選手としてだけではなく、ビジネスパーソンから学生まで、「新しい環境」で周囲に溶け込むための参考にしたい、長野久義流のコミュニケーション術がある。

「移籍して、唯一不安だったのが人間関係だった」

「2年前にカープに移籍して、唯一不安だったのが人間関係です。人見知りなのでチームメートとしっかり人間関係を築けるかどうか。そこだけは意識していました」

例えば、新しい職場、新しい学校……。環境が変わると、人間関係を一から構築しなければいけないのは、プロ野球選手もわれわれも同じ。

ただ、2年間ですっかりカープになじんだように見える長野は、どうやって「人見知り」の壁を乗り越えることができたのだろうか。


当時の記事を読む

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。