ラッパ我リヤが語る『ヒプノシスマイク』の面白さ

ラッパ我リヤが語る『ヒプノシスマイク』の面白さ
『ヒプノシスマイク』の曲には、ヒップホップ界の一流クリエイターたちが携わっている。シンジュク・ディビジョン、麻天狼の「Shinjuku Style ~笑わすな~」の作詞/編曲を手掛けたのがラッパ我リヤ。Mr.Qと山田マンに『ヒプマイ』の魅力を聞いた。

「俺らの普段の工程と変わらない作業だった」

ー2人は『ヒプノシスマイク』というプロジェクトを、どんな風に捉えているんですか?

Mr.Q ライブもそうですけど、『ヒプノシスマイク』の音楽は、基本的にバトルライムですよね。僕らが95年に出した「ヤバスギルスキル」も大きく捉えればバトルライムですけど、それと一緒で、「俺がカッコいいんだ」「こっちの方がすげえぞ」という男の子的な世界観で。そのうえ声優さんがやっていることもあって声もいい。ミクスチャーされたものがミクスチャーされる中で出てきたものという感じがします。

山田マン たとえば95年ぐらいだと、俺もQもレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが大好きで、我リヤでもハードコア・パンクの人たちと一緒にセッションをしていて。だから、今回話をいただいたときも「面白そうだね」と思ったんですよ。今の時代、ロックでもポップでもラップが当たり前になってて、みんなラップをしてるけど、「何かいまいちだな」というものも多くて。「俺らがリリックを書いたら、もっとやべえ曲ができるのにな」とも思っていたんです。だから今回、『ヒプノシスマイク』の世界観にウチらのバイブスを入れられたのは楽しかったですね。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月29日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。