川谷絵音が語る、ザ・ストロークスとバンド音楽の可能性「ギターはこれから来ると思う」

川谷絵音が語る、ザ・ストロークスとバンド音楽の可能性「ギターはこれから来ると思う」
拡大する(全4枚)
ザ・ストロークスが実に7年ぶりとなるニューアルバム『The New Abnormal』を発表。そこで、彼らのファンを公言する川谷絵音にバンドの魅力や新作について語ってもらった。

1988年生まれで現在31歳の川谷は、ストロークスのデビュー時における、いわゆる「ロックンロール・リヴァイヴァル」をリアルタイムで経験した世代ではない。しかし、「ロックンロール/ガレージ」という一面的な見方ではとても語れない、ストロークスのアブノーマルにしてモダンな魅力を探る上では、常に最新の音楽を探している川谷のようなリスナーこそが適役なはず。ゲスの極み乙女。やindigo la Endの話を交えながら、現代における「バンド」や「ギター」のあり方についても幅広く聞いた。

●写真4点を見る

―まずは、ストロークスとの出会いから教えてください。

川谷:俺自身はストロークスよりもアークティック・モンキーズの世代なんですよね。大学生だった2007年とか2008年くらいのUKロックにどハマりして、アークティック・モンキーズとかブロック・パーティが好きで、リバティーンズ好きの友達から、「リバティーンズが影響を受けたバンド」って、ストロークスを教えてもらって、最初に聴いたのが「Juicebox」。当時はそれが3枚目のアルバムに入ってる曲だとかいうことも全然知らなかったですけど、一回コピバンをやって、そこでは「Juicebox」と「12:51」をやりました。

この記事の画像

「川谷絵音が語る、ザ・ストロークスとバンド音楽の可能性「ギターはこれから来ると思う」」の画像1 「川谷絵音が語る、ザ・ストロークスとバンド音楽の可能性「ギターはこれから来ると思う」」の画像2 「川谷絵音が語る、ザ・ストロークスとバンド音楽の可能性「ギターはこれから来ると思う」」の画像3 「川谷絵音が語る、ザ・ストロークスとバンド音楽の可能性「ギターはこれから来ると思う」」の画像4

当時の記事を読む

川谷絵音のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「川谷絵音」に関する記事

「川谷絵音」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「川谷絵音」の記事

次に読みたい「川谷絵音」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク