Chara、初の野音単独公演で響かせた自由で好奇心あふれる歌声

Chara、初の野音単独公演で響かせた自由で好奇心あふれる歌声
拡大する(全5枚)
Charaが2021年7月18日(日)、自身初の単独日比谷野外大音楽堂公演「Chara Live 2021 Sweet Soul Sessions ~ Glitter~」を東京・日比谷野外音楽堂にて開催した。

1991年9月21日に1stシングル『Heaven』でデビューし、キャリア30周年を迎えるChara。彼女にとって初の野音単独公演は本来2020年5月6日(水・祝)に予定されていたが、新型コロナウィルスの影響により中止に。そのリベンジともいえる今回の野音ワンマン。この日を待ち尽くした大勢のファンたちが集った。

先日梅雨明けが発表されたばかりの東京は晴天。すでに夏真っ盛りかというほどの熱気に観客たちの汗が滴る。会場には大量のシャボン玉が空を舞い、爽やかさを感じるとともに、今から始まるライブに心が躍るようだ。

定刻になるとアース・ウインド&ファイアー「レッツ・グルーヴ」とともにメンバーたちがダンスをしながら登場。カラフルな蝶の羽を纏ったダンサーYOSHI2が登場し妖艶な動きを見せると、庵原良司(Sax.)、吉澤達彦(Tp.)、半田信英(Tb.)のホーンセクション、鍵盤の井上薫とコーラスの竹本健一と高橋あず美、韻シストバンド(Gt.TAKU/Ba.Shyoudog/Dr.TAROW-ONE)と、順番にサポートメンバーが登場。全員が曲に合わせてリズムを取り手を叩いた後、楽器を手にして演奏をスタートさせた。

この記事の画像

「Chara、初の野音単独公演で響かせた自由で好奇心あふれる歌声」の画像1 「Chara、初の野音単独公演で響かせた自由で好奇心あふれる歌声」の画像2 「Chara、初の野音単独公演で響かせた自由で好奇心あふれる歌声」の画像3 「Chara、初の野音単独公演で響かせた自由で好奇心あふれる歌声」の画像4
「Chara、初の野音単独公演で響かせた自由で好奇心あふれる歌声」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク