23日夜に浙江省温州市内で発生した高速鉄道の追突事故について、中国中央政府の事故調査チームは25日夜、事故を起こした車両を温州西駅に移送し、調査を実行することを決めた。中国新聞社が報じた。


■「中国高速鉄道、温州で衝突事故(2011年)」に関する写真

 事故現場で一部車両を土に埋める作業を行ったため、中国全国で「真実を隠すため」などする非難が出ていた。中国政府や鉄道関係者は「車両の運行記録により、事故原因の調査は可能」、「車体を保存する意味はない」などと説明していた。予想していなかった猛反発の発生で、方針を変更した可能性が高い。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
中国高速鉄道:事故車両の“埋葬”で上海鉄道局「くず鉄だ」(2011/07/25)
中国高速鉄道:事故区間は迅速復旧、北京・上海線は故障“突発”(2011/07/26)
過去にもあった中国高速鉄道列車の死亡事故…ルール無視原因(2011/07/25)
中国政府「それでも、わが高速鉄道は先進的」…ネットで大非難(2011/07/25)
高速鉄道事故:運行再開、関係者「秩序は基本的に回復」=中国(2011/07/25)