〈冷食流通インタビュー・大手卸〉三菱食品・小野瀬卓常務「物流が大きな課題に、解決に製配販を挙げて取り組みを」

〈冷食流通インタビュー・大手卸〉三菱食品・小野瀬卓常務「物流が大きな課題に、解決に製配販を挙げて取り組みを」

三菱食品・小野瀬卓取締役常務執行役員

――足元の冷凍食品市場環境

冷凍食品市場全般は昨年も1.5%ほどの成長と見ており、まずまずだと思うが、配送費・倉庫経費・人件費がかさむとともに、原材料の水産・畜肉や、資材・包材のコストが上昇し、卸もメーカー様も総じて収益は厳しい。

市販用は、米飯、麺類、唐揚げ、餃子など主力カテゴリーで5%以上伸びたものもあり、全体でも2%強の伸びと堅調だった。昨年は台風など自然災害が多かった。従来、災害対応では真っ先に水や即席麺などが必要とされたが、冷凍食品の出荷が予想以上であった事に注目したい。停電さえなければ、冷凍食品は極めて簡便で美味しい食品であると消費者に広く認知されているのだろう。

業務用も1.5%ほどは伸びたが、消費増税が外食に悪影響を与えた他、働き方改革で早く帰宅する人が増え、特に居酒屋業態にはダメージがあった。しかし一方、中食・惣菜は順調であるし、外食の中でも好調な企業は数多く存在する。又、高齢化が一段と進むに伴い医療・介護給食向けの配食は今後も大きく伸長するだろう。

当社低温事業の業績推移は市場全体の傾向と同じく、売上はまずまずだが、物流コスト増を十分に吸収し切れておらず、又ここ数年積極的に先行投資した負担が重く、収益面では苦戦している。新たな物流施設や新規事業・ビジネスへの投資は収益寄与するまで、どうしても最低2~3年はかかる。将来の成長の為には、目先の業績にはマイナスでも、今の内に投資を行い、新たな事業の種を蒔いておかねばならないので、今後共、積極果敢に投資を継続するつもりだ。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。