カプセルホテル以上!ビジネスホテル未満?キャビン型ホテルの新しいスタイル【大阪】

カプセルホテル以上!ビジネスホテル未満?キャビン型ホテルの新しいスタイル【大阪】


プラスαの高付加価値&コストパフォーマンスで快適な居心地を追求
飲み会で遅くなった学生が泊まるのがインターネットカフェ、終電を逃したサラリーマンが泊まるのがカプセルホテルというイメージは、もはやひと昔前の話。インターネットカフェやカプセルホテルも進化を遂げて、セキュリティや清潔さが確保され、女性でも泊まれるようなところが数多く誕生しています。

カプセルホテル以上!ビジネスホテル未満?キャビン型ホテルの新しいスタイル【大阪】


その上をいくスタイリッシュな雰囲気と快適さ、安心を追求したのが新しい“キャビン型ホテル”。プライベートな空間演出とプラスαの高付加価値、コストパフォーマンスで、ホテルをも凌ぐ!? 魅力的なステイ先になり得るのでしょうか。

カプセルホテル以上!ビジネスホテル未満?キャビン型ホテルの新しいスタイル【大阪】


新しい価値観を生んだキャビン型ホテルのパイオニア「ファーストキャビン阪神西梅田
カプセルホテル以上!ビジネスホテル未満?キャビン型ホテルの新しいスタイル【大阪】


まず紹介するのは、キャビン型ホテルのパイオニアともいえる「ファーストキャビン」。2009年に大阪に誕生し、飛行機のファーストクラスのくつろぎをイメージした空間でカプセルホテルの殻を破り話題になったので、宿泊された方も少なくないのでは。このキャビン型ホテルというスタイルを確立したファーストキャビンが、大阪・キタエリアに初進出。2017年10月に新たにオープンしたのが「ファーストキャビン阪神西梅田」です。

真っ白く輝くウナギの寝床!? “都市の隠れ家”で飛行機のファーストクラス体験
カプセルホテル以上!ビジネスホテル未満?キャビン型ホテルの新しいスタイル【大阪】


阪神高速道路が通り高層ビル群が乱立する中にある、真っ白い低層2階建て直方体の建物。その外観からして、まさしく“キャビン”を彷彿させるような雰囲気です。実はこの地、阪神電車の「出入橋停留所(駅)」がすぐ側にあった線路跡地で、南北10m、東西80mにも満たない、ホテルとしては手狭な土地。この立地環境を逆手に取り、近隣建物にも配慮して低層建築にした結果、ウナギの寝床のようなちょっと秘密めいた“都市の隠れ家”になったのだとか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年4月25日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ハワイ」のニュース

次に読みたい関連記事「ハワイ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホテル」のニュース

次に読みたい関連記事「ホテル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「リゾート」のニュース

次に読みたい関連記事「リゾート」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。