【日本の不思議】古代史最大のミステリー、邪馬台国の女王・卑弥呼に迫る

【日本の不思議】古代史最大のミステリー、邪馬台国の女王・卑弥呼に迫る


日本史の教科書に登場する「卑弥呼」。日本史上初めての女王とされる人物です。しかし、残念ながら、邪馬台国の時代の日本に文字がなく、卑弥呼に関する史料はほとんど残っていません。そんな古代の日本に存在した女王、卑弥呼の謎を追い求めてみました。

衝撃的な仮説、卑弥呼は神だった!?
【日本の不思議】古代史最大のミステリー、邪馬台国の女王・卑弥呼に迫る


中国の歴史書として有名な『三国志』(西暦290年頃)。その中の『魏志倭人伝』で日本列島に住んでいた民族や倭人(日本人)の生活習慣やしきたり、卑弥呼について書かれています。邪馬台国の女王、卑弥呼は鬼道(きどう)によって、人々を惑わしていたと言うのです。また卑弥呼は魏に使者を送り、魏の皇帝は卑弥呼を「倭国の王」と認め、金印を贈りました。

鬼道って何? と思う方も多いでしょう。諸説ありますが、妖術や魔術などの不思議な術のことだそう。卑弥呼はシャーマンのような存在だったのでしょう。ただし、この『魏志倭人伝』はわずか2,000文字程度の記事に過ぎず、倭国の全貌は明らかになっていません。

しかし、卑弥呼の没後、約480年経ってから書かれた日本で最初の歴史書『日本書紀』や『古事記』に、卑弥呼に関する記述がないのが不思議です。中国の大国に使者を送り、皇帝から金印を贈られるほどの権力を持つ女王がいたのなら、日本の文献に記述が残っていないのは、いささかおかしい気がします。

ただ、これらの書には、卑弥呼と多くの共通点がある“存在”がいるのをご存知でしょうか? それは、なんと天照大神! 卑弥呼=神という衝撃的な説ですが、なかなかぶっ飛んでいて面白い。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年8月7日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。