【京都】名勝庭園の紅葉を眺めながらカフェを楽しめる!「無鄰菴」で至福のひととき

【京都】名勝庭園の紅葉を眺めながらカフェを楽しめる!「無鄰菴」で至福のひととき
       
秋も深まり、紅葉シーズンの到来です。京都・東山の麓、南禅寺のほど近くに、明治・大正時代の政治家・山縣有朋の別荘「無鄰菴(むりんあん)」があります。その庭園は、昭和26年(1951年)に国の名勝に指定されました。東山を借景にした名勝庭園の紅葉は実に見事です。また、その景色を眺めながらカフェを楽しめるのが、こちらならではの魅力!往時に思いを馳せながら、秋の景色を堪能しに訪れてみませんか?
【京都】名勝庭園の紅葉を眺めながらカフェを楽しめる!「無...の画像はこちら >>

「無鄰菴」とは
【京都】名勝庭園の紅葉を眺めながらカフェを楽しめる!「無鄰菴」で至福のひととき

©植彌加藤造園

東山を望む風光明媚な別荘群と文化的な景観を持つ京都岡崎・南禅寺界隈は、風致保存地域に指定されています。その別荘群の先駆けが、明治27~29年(1894~1896年)にかけて建てられた明治・大正期の政治家・山縣有朋の別荘「無鄰菴(むりんあん)」です。庭園と母屋、洋館、茶室の3つの建物によって構成されています。

有朋の指示により、七代目・小川治兵衛が作庭した庭園は近代日本庭園の傑作と呼ばれ、昭和26年(1951年)には国の名勝に指定されています。現在の所有者は京都市、お庭の管理と施設のマネジメントは指定管理業者のもと、京都で170余年の歴史を持つ庭師の会社「植彌加藤造園」が行っています。
東山を借景に作られた庭園
【京都】名勝庭園の紅葉を眺めながらカフェを楽しめる!「無鄰菴」で至福のひととき


琵琶湖疏水から少し入った所に門があります。向かいは高級老舗料亭「瓢亭」です。
※現在は事前予約制で、1時間ごとに20名までの限定。

【京都】名勝庭園の紅葉を眺めながらカフェを楽しめる!「無鄰菴」で至福のひととき

©植彌加藤造園

まずは10分間のガイド(無料。希望者のみ。毎時05分、30分に実施)を聞くことにしました。入ってすぐの八畳間で、「無鄰菴」の名前のヒミツや庭園についての概要、観る時のポイントなどを教えてくれます。紅葉を眺めながら、少しずつ非日常へと誘われていきます。

当時の記事を読む

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。