何となくイメージがまとまらない街でした【駅ぶら01】小田急線40

何となくイメージがまとまらない街でした【駅ぶら01】小田急線40

千歳船橋駅を出ると、高架線は少し下って行きます。遠くにスカイツリーが見えていたので、ちょっとビックリ。だってずいぶん遠くにあるのですよ。筆者はJR総武線の錦糸町駅から歩いて近くまで行ったコトがありますが、押上駅の近辺はなかなかディープな街でスカイツリー自体には登らず近所で古い定食屋さんを発見して食事してきました。

何となくイメージがまとまらない街でした【駅ぶら01】小田急線40

高架線自体の高さって、たぶん一定だと思いますが、感覚的には低くなっている印象を受けました。

何となくイメージがまとまらない街でした【駅ぶら01】小田急線40

渡り線が複数あって何やら経堂駅は複雑そうです。長い期間、度々小田原線には乗っていますが、真面目に前面展望を見るのは初めてなのです。

何となくイメージがまとまらない街でした【駅ぶら01】小田急線40

うひゃ~、ホームがいっぱいあります。中央にはホームに接しない急行線があります。

何となくイメージがまとまらない街でした【駅ぶら01】小田急線40

島式ホーム2面5線という構造の様です。上りホームの緩行線は一番左(北)側の4番線に入ります。

何となくイメージがまとまらない街でした【駅ぶら01】小田急線40

ここからは、新宿駅まで前面展望を撮影した後、新宿から各駅で降りて駅を撮影しながら下ってきた写真。下りホームから新宿方面です。例の上下線の境界に並べられているモノが設置されているので中央の急行線は上り線だと分かります。

何となくイメージがまとまらない街でした【駅ぶら01】小田急線40

こちらは小田原方面。

何となくイメージがまとまらない街でした【駅ぶら01】小田急線40

駅名標。1927年(昭和2年)小田原線開通時に開業。複々線化にともなって2000年(平成12年)高架化されました。1950年(昭和25年)に経堂検車区が発足しました。1994年(平成6年)複々線化で廃止され新設された喜多見検車区に役割が移りました。現在も経堂駅の新宿側に留置線が残されているのは検車区の名残です。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。