「業務スーパー」の神戸物産がコロナ禍で大躍進

「業務スーパー」の神戸物産がコロナ禍で大躍進
拡大する(全2枚)

外食関係者など「プロしか入店出来ない」というイメージもあった『業務スーパー』を展開する神戸物産の成長が続いています。タピオカブーム時に冷凍タピオカでブレイクした後、コロナ禍による巣ごもり消費で更に成長が加速しました。



デルタ株によるコロナ感染拡大で再度首都圏などに緊急事態宣言が発出される中で、神戸物産はAI活用店の実験を8月から開始して次の成長を模索します。同社の成長がどこまで続くのか注目されます。



■年間40~50億円で営業利益増 業績の上方修正も



『業務スーパー』を展開するのは兵庫県加古川市に本社を置く神戸物産<3038>です。近年は『業務スーパー』や神戸物産の名前を聞くことも多くなりました。



まず、神戸物産の業績を見ていきましょう。



  • 2018年10月期:売上高2672億円、営業利益157億円、当期純利益104億円
  • 2019年10月期:売上高2996億円、営業利益192億円、当期純利益121億円
  • 2020年10月期:売上高3409億円、営業利益239億円、当期純利益150億円
  • 2021年10月期:(予想) 売上高3580億円、営業利益294億円、当期純利益200億円

これまで年間約40億円のペースで営業利益の増益が続きましたが、2021年10月期の営業利益は対前年同期比で50億円以上の増益が予想されています(当初の予想を6月に上方修正)。



■「タピオカブーム」火種に来客数が増加



かつては、『業務スーパー』=プロ専用の店、というイメージがありました。そのイメージを払拭した切っ掛けはタピオカブームです。タピオカブームの際に自宅でできるタピオカティーがメディアで紹介されることも多くなり、その際にタピオカそのものを購入できる店として『業務スーパー』が紹介されました。


この記事の画像

「「業務スーパー」の神戸物産がコロナ禍で大躍進」の画像1 「「業務スーパー」の神戸物産がコロナ禍で大躍進」の画像2

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク