首都高でエンジンルームから猫救出!どう防ぐ?

首都高でエンジンルームから猫救出!どう防ぐ?
拡大する(全1枚)

「首都高でエンジンルームから猫を救出した」ニュースが2021年9月末に各種メディアで話題になりました。首都高を走行中に、自身の運転する車のエンジンルームの中に猫がいることに気づいたドライバーの方が、首都高の非常駐車帯に車を停めて猫を無事救出・保護したという内容です。10月10日現在も、救出された猫は元気に暮らしています。



今回のニュースは気づいてからの運転者の判断が適切であり、非常に幸運なケースでした。そして、エンジンルームに猫が入り込むトラブルは決して他人事ではありません。
エンジンルームに猫が入りこむトラブルの実態および、どのように防いだらよいのかについて解説します。



■「エンジンルームに猫が入るトラブル」の実態



エンジンルームに猫が入るトラブルについては、JAF(日本自動車連盟)が2019年~2021年の猫の日=2月22日に、前月の救援要請件数を公表しているものが参考になります。



■<エンジンルームと猫に関する、全国救援要請件数>



  • 2019年1月:25件
  • 2020年1月:42件
  • 2021年1月:22件

集計は1月のみですが、沖縄を含む全国各地で救援要請されており、寒い時期だけのトラブルではありません。駐車している車両のエンジンルームは、



  • 部品が多く、暗く狭い
  • 雨風が入りにくいので、外と比べて比較的暖かい

と、通年で猫が好む性質を備えているからです。



また、猫などの生き物がエンジンルームにいることに気づかずに車を発進させてしまうと、中にいる生き物が死んでしまったり、中にいる生き物を巻き込んでエンジンを損傷したりと、大きなトラブルにつながってしまいます。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク