プラチナ相場、今が買い場?価格上昇の背景を分析

プラチナ相場、今が買い場?価格上昇の背景を分析

足元、欧米の大規模な金融緩和が、株高・金高の両面から、プラチナ価格を支える

 足元、プラチナ価格の反発が目立っています。今週のジャンル横断騰落率ランキング「 3週連続で原油上昇、プラチナ、パラジウム、銀も上昇中 」で書いたとおり、先週のNYプラチナ先物価格は8.5%の上昇となりました。また、東京プラチナ先物価格は6.9%上昇しました。先週は、国内外ともに、プラチナ価格が上昇したわけです(ともに中心限月)。


図:国内外のプラチナ先物価格(中心限月、日足、終値)


プラチナ相場、今が買い場?価格上昇の背景を分析
出所:CME(シカゴ・カーマンタイル取引所)、TOCOM(東京商品取引所)のデータをもとに筆者作成

 今年(2020年)に入り、NYプラチナ先物は、1トロイオンスあたり1,000ドル近辺、東京プラチナ先物は3,500円程度で推移していましたが、ほとんどの金融商品が一斉に売られた“新型コロナ・ショック”の際、これらのプラチナも下落しました。


 しかし、3月中旬以降、欧米の大規模な金融緩和開始により“株高・金高”が発生したことで、株高が、自動車排ガス浄化装置向け・宝飾向け消費の回復期待を生み、金高が、同じ貴金属に含まれるプラチナが連れ高になる期待を生み、プラチナ相場は、株高・金高の両面から支えられ、反発しました。


 2020年5月25日(月)午前時点で、NYプラチナ先物は880ドル、東京プラチナ先物は2,880円近辺で推移しています。


図:欧米の大規模な金融緩和によって“株高・金高・プラチナ反発”が起きるしくみ


プラチナ相場、今が買い場?価格上昇の背景を分析
出所:筆者作成

プラチナの主要生産国で、新型コロナ感染拡大が目立ち始め、供給減少懸念が生じている


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。