レンタカー「格安乗り捨て」なぜ可能? 東京~大阪2160円も、店側にメリット大

レンタカーを借りた営業所と違う営業所で返す「乗り捨て」は、その営業所間の距離が離れるほど料金が多くかかりますが、こうした片道の利用を格安料金で提供するサービスが登場しています。利用者だけでなく店側にもメリットは大きいようです。

通常のおよそ9割引、そのカラクリとは?

 レンタカーは、そのクルマを借りた店舗に返却するのが一般的ですが、一定の条件で別の店舗に返す「乗り捨て」が可能な場合もあります。レンタカー会社により、乗り捨て料金は「30kmまで無料、30km以上は距離に応じて加算」といったケースもあれば、「同一県内は基本的に無料」というケースも見られます。

レンタカー「格安乗り捨て」なぜ可能? 東京~大阪2160円も、店側にメリット大

レンタカーに使われる「わ」ナンバーのイメージ(画像:写真AC)。

 そのようななか、ニッポンレンタカーは都道府県をまたぐ広域な乗り捨てプランを格安で提供する「特割ワンウェイ」というサービスを展開しています。たとえば、ホンダ「フィット」を新潟駅周辺の店舗で12時間借り、東京駅周辺の店舗へ返却する場合、通常は3万888円(貸出料金8208円〈通常期の安心コース、免責補償料込み〉、乗り捨て料金2万2680円)となりますが、「条件が合えば」これを2160円という格安料金で利用できるサービスです。

 なぜこのような格安料金が実現できるのでしょうか。ニッポンレンタカーを展開するニッポンレンタカーサービス(東京都千代田区)は、次のように話します。

「これは、乗り捨てられた車両を活用したサービスです。こうした車両は早めに登録地へ戻さなければならず、社員が運転して回送することもあれば、車両輸送業者に戻してもらうこともありますが、いずれにせよ費用がかかります。そこでもし、同一方向へ向かう方がいらっしゃるならば、使っていただいた方がほうがいい、というのが『特割ワンウェイ』の考え方です」(ニッポンレンタカーサービス)


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年5月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。