半ば国王の趣味! 陸自61式戦車がヨルダンへ 退役済みながら日本戦車初の中東派遣

半ば国王の趣味! 陸自61式戦車がヨルダンへ 退役済みながら日本戦車初の中東派遣
拡大する(全4枚)

すでに退役している陸上自衛隊の61式戦車が、ヨルダンの戦車博物館へ貸与という形で贈られました。防衛装備庁によると「両国の友好の証」とのことですが、実はヨルダン国王の個人的趣味という側面も大いにあると見られます。

日本戦車初の中東派遣、行先は「博物館」

 2019年8月6日(火)早朝、横浜の大黒ふ頭へ、陸上自衛隊の車両に先導された大型のトレーラーが到着しました。荷台に積まれていたのは、静岡県の陸上自衛隊滝ケ原駐屯地に展示されていた「61式戦車」です。この戦車は戦後10年目となる1955(昭和30)年に開発が開始され、1961(昭和36)年に採用された戦後初の国産戦車ですが、2000(平成12)年には全車が退役しています。しかしここにきて新たな任務を付与され、海外へ派遣されることになったのです。

半ば国王の趣味! 陸自61式戦車がヨルダンへ 退役済みながら...の画像はこちら >>

ヨルダンへ貸与されることになったのは、滝ケ原駐屯地(静岡県御殿場市)に展示されていた61式戦車。砲は使用不可でエンジンも降ろされていた(月刊PANZER編集部撮影)。

 行き先は中東のヨルダン王国にある「王立戦車博物館」です。9月8日か9日には、同国のアカバ港に到着する予定といいます。中東に日本戦車が派遣されるのは、戦前戦後を含めて初めてのこと。世界各国の戦車と並んで展示され、日本戦車の代表として「広報任務」を果たすことになるのです。

 ことの起こりは2018年4月、日本の河野外務大臣がヨルダンを訪問し、同国のアブドッラー2世・イブン・アル・フセイン国王に拝謁した際に、日本の古い戦車を供与してほしいとの要請があったことです。日本はこれまで、展示用も含め戦車を輸出したことなどありません。外務省、防衛省、首相官邸ではこの要請に対し、ひと騒動あったようです。


この記事の画像

「半ば国王の趣味! 陸自61式戦車がヨルダンへ 退役済みながら日本戦車初の中東派遣」の画像1 「半ば国王の趣味! 陸自61式戦車がヨルダンへ 退役済みながら日本戦車初の中東派遣」の画像2 「半ば国王の趣味! 陸自61式戦車がヨルダンへ 退役済みながら日本戦車初の中東派遣」の画像3 「半ば国王の趣味! 陸自61式戦車がヨルダンへ 退役済みながら日本戦車初の中東派遣」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「陸上自衛隊」に関する記事

「陸上自衛隊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「陸上自衛隊」の記事

次に読みたい「陸上自衛隊」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク