LCCジェットスター 新型コロナ禍のなか就航8周年 新型機は? 衛生対策は? 社長語る

LCCジェットスター 新型コロナ禍のなか就航8周年 新型機は? 衛生対策は? 社長語る
拡大する(全2枚)

ジェットスター・ジャパンが就航8周年を迎えました。新型コロナの影響があるなか、社長が利用者の推移や衛生対策といった現状や、新機材A321LR型機の状況など今後の同社について話しました。

見送り便はほぼ満席 国内線は復便の見込み

 LCC(格安航空会社)のジェットスター・ジャパンが2020年7月3日(金)、就航8周年を迎えました。拠点である成田空港の第3ターミナルでは、同社の片岡 優代表取締役社長も駆け付け、出発便を見送っています。

LCCジェットスター 新型コロナ禍のなか就航8周年 新型機は...の画像はこちら >>

GK109便見送りの様子。一番右がジェットスター・ジャパンの片岡 優代表取締役社長(2020年7月3日、乗りものニュース編集部撮影)。

 2012(平成24)年、3機のエアバスA320型機から始まったジェットスター・ジャパンはこの8年間で国内16都市、海外4都市を結ぶ国内の一大LCCに。保有機数も順調に増え、現在はA320型機を25機保有しています。2020年夏ごろをめどに、A320型機より席数が多く比較的長い距離も飛べるエアバスA321LR型機を導入する予定もありました。

 しかし新型コロナウイルスの影響による需要減退が航空業界を襲います。ジェットスター・ジャパンも、非常事態宣言が出た5月などはほとんど飛行機を飛ばすことができない状態でした。7月現在も特に国際線は全便運休が続いている状況です。

 片岡社長は記者に対し、同社の路線の9割を占める国内線は「思ったより影響は少なかった」といいます。緊急事態宣言解除後、予約は増えているとのことで、予定では7月後半には全路線の運航を再開し、7割以上を復便します。8月のお盆期間はほぼ計画通りの運航になる見込みといいます。


この記事の画像

「LCCジェットスター 新型コロナ禍のなか就航8周年 新型機は? 衛生対策は? 社長語る」の画像1 「LCCジェットスター 新型コロナ禍のなか就航8周年 新型機は? 衛生対策は? 社長語る」の画像2

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。