やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ

やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ
拡大する(全8枚)

SUVのサードシートにはそもそも構造的に不利な面が多い

2020年の上半期、もっとも売れた乗用車はトヨタ・ライズ。SUVがトップを飾るのも珍しいが、そのOEM車であるダイハツ・ロッキーや、トヨタRAV4、トヨタC-HR、ホンダ・ヴェゼル、マツダCX-30といった車種たちもコロナ禍の中で堅調。コンパクトカーやミニバンといったメインどころに食いついて健闘している。



そんなSUVのなかには、ミニバンのような3列シート車もあるのをご存じだろうか。マツダCX-8やトヨタ・ランドクルーザー&ランドクルーザープラド、レクサスRX、ホンダCR-V、日産エクストレイルなど各メーカーがラインアップしている。コンパクト系のSUVに比べると販売台数は落ちるが、一定のニーズはあるとみていいだろう。



やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シ...の画像はこちら >>



だがその一方、実際にSUVのサードシートを見てみると正直窮屈そうなのだ。そもそもSUVは車高が高いからフロア位置も高く、それでいてルーフは低めゆえ室内高にあまりゆとりがない。とくに3列目はフロアが高くなるので、足を自然な角度まで下ろせず、着座姿勢も苦しくなる。ボディはワゴン形状だが、ボンネットが長めな分、室内長もミニバンほど広くできない。おまけにドアはヒンジ式で3列目へのアクセスも良いとはいえない。



やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ



なかには「子供じゃないと乗れなくない!?」という車種もある。なぜそうまでしてメーカーは3列シート仕様を作っているのか。簡単にいうなら「ニーズがあるから」のひとことで終わってしまうが、もう少し突っ込んで考察してみたい。


この記事の画像

「やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ」の画像1 「やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ」の画像2 「やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ」の画像3 「やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ」の画像4
「やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ」の画像5 「やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ」の画像6 「やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ」の画像7 「やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ」の画像8

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。