50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた

50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた
拡大する(全8枚)

この記事をまとめると
■全長3.4m、2ドアハッチバックが大成長していたシビック



■最初は1.5リッター観音開きドアだったが国産高級セダンという立ち位置は不変のクラウン



■プレミアム系セダンの基本は不変? じつは正しく進化していたスカイライン



50年経てば赤児が大人になるように大きく成長したシビック

先日、フルモデルチェンジを果たしたホンダ・シビック。ずいぶんと大きくなってしまったと言われることもあるが、初代シビックの誕生は1972年と約半世紀も前の話で、それだけの時間が経てば大きくイメージチェンジしてしまうのも当然という見方もできる。



50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン...の画像はこちら >>



そんな約半世紀の歴史を持つ日本車3台をピックアップ。どのように変化してしまったのか、それとも初代とさほど変わっていないのか確認してみよう。



1)ホンダ・シビック

まずは冒頭でも記したシビックから。初代モデルはハッチバックのように見えるが、テールはトランク部分だけが開く2ドアボディだった。エンジンは1.2リッター4気筒SOHCでトランスミッションは4速MTだけの設定。駆動方式はFFとなっていた。



50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた



ボディサイズは全長3405mm、全幅1505mm、全高1325mm。最高出力は60馬力で、車両重量は600~640kgというスペックを見ると、ほぼ現在の軽自動車と同じような車格だったのだ。



そんなシビックは11代目となる現行型では全長4550mm、全幅1800mm、全高1415mmの5ドアハッチバックへ成長している。エンジンは1.5リッターターボで最高出力は182馬力(134kW)となり、トランスミッションは6速MTへと多段化した。


この記事の画像

「50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた」の画像1 「50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた」の画像2 「50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた」の画像3 「50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた」の画像4
「50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた」の画像5 「50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた」の画像6 「50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた」の画像7 「50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「LINE」に関する記事

「LINE」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「LINE」の記事

次に読みたい「LINE」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク