今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

入試の問題の掲載料は1000円!〈作家あさのますみインタビューpart1〉

2012年2月15日 11時00分 ライター情報:丸本大輔

「おひさま絵本童話大賞」の受賞をきっかけに、執筆時のペンネームをひらがなに変えたあさのさん。“声優・浅野真澄”としては、「一騎当千」シリーズ(孫策伯符役)、「これが私の御主人様」(沢渡いずみ役)などのアニメで主演。「いばらの鳥」(ソ・ジョンウン役)など、海外ドラマや映画の吹き替えでも活躍しています。また、「アニスパ!」などラジオ番組のパーソナリティとしても人気。2007年の「第1回声優アワード」では、「ベストパーソナリティ賞」を受賞しました。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

先日、「エキレビ!」に投稿した、声優あるある4コマ同人誌『それが声優!』レビュー記事。その記事を見つけた原作者のあさのますみさんが、Twitterで「な、なんだかエキサイトレビューっていうところで、わたくし原作の同人誌『それが声優!』がとりあげられている・・・・! こんなことってあるのね。ありがたびっくり!!!」とコメントしてくれたのです。以前からあさのさんのフォロワーだった僕。大喜びでお礼のリプライを送ったところ、とんとん拍子に話が進み、気がつけば、あさのさんにインタビューできることに! その間、わずか1時間半。光の速さで企画が決まった、“声優・浅野真澄”ではなく、“作家・あさのますみ”のロングインタビュー。全3回でお届けします!

●「元々、本を読むのが好きだった」

――『それが声優!』のレビュー、Twitterで紹介していただいて、ありがとうございました。ファンの人には、ニヤリとしてもらえるかなと思いながら書いたのですが。ご本人が見たら、怒られるかもと思ってました……。
あさの そんなこと無いです、無いです(笑)。すごく愛のあるレビューで。素敵に書いて下さっていて、嬉しかったです。
――安心しました(笑)。『それが声優!』は、あさのさんが初めて手がけた同人誌ですよね。今回は、同人誌より前に執筆されたエッセイ、絵本、児童小説から順番に、お話を伺いたいと思っています。最初に書かれたのは、2005年に“浅野真澄”の名義で出された、エッセイ集『ひだまりゼリー』ですよね。この本は、どういった経緯で出す事になったのですか?
あさの 声優としてデビューをしたばかりの頃に、ブログを……当時はブログって言わなかったのかな? ネットで日記を書いてたんですね。それを見た脚本家の伊藤和典さんが、「ますみんは、話し言葉じゃない文章で、自分が考えていることとかを書いてみたら、案外面白い文章が書けるかもしれないよ」と言って下さって。それまでは、「やっほー! みんな元気?」みたいな日記だったんですけど(笑)。もうちょっとちゃんとした日本語で、自分の子供の頃の思い出話とかを書いたりするようになったんですね。
――僕が、あさのさんの文章を初めて読んだのも、きっとその頃です。本当にエッセイのような、優しくて素敵な文章を書く方だな、と思って読んでいました。
あさの ありがとうございます。その日記を読んで下さった方から、その文章をまとめてエッセイにしませんかというお話を頂いたんです。

ライター情報

丸本大輔

1974年生まれ。フリーライター。瀬戸内海で生まれ育ち、現在は東京の西側在住。インタビューを中心に活動。得意ジャンルは、アニメ、マンガ、サッカーなど。

URL:Twitter:@maru_working

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!