今注目のアプリ、書籍をレビュー

3

「わろてんか」107話「あさイチ」キャスター交代でどうなる朝ドラ受け、高瀬アナの朝ドラ前には期待

2018年2月9日 08時30分 ライター情報:木俣冬
連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第19週「最高のコンビ」第107回 2月8日(木)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:鈴木 航
イラスト/まつもとりえこ

107話はこんな話


リリコ(広瀬アリス)とシロー(松尾諭)の漫才の打開策として、てん(葵わかな)は「しゃべらん漫才」を
提案するが、それによって仲間たちに溝が生まれてしまう。

どうなる朝ドラ受け


6日に、「あさイチ」の有働由美子アナと井ノ原快彦が番組を3月いっぱいで卒業すると発表され、
7日に、「あさイチ」では柳沢秀夫も交えた3人で、お別れの挨拶をした。
彼らは2010年に「あさイチ」がはじまってからずっと司会をやって来た。そのとき一緒にはじまった朝ドラ「ゲゲゲの女房」を見て、感想を語り、それが「朝ドラ受け」と呼ばれるようになって習慣化した。ミーハー目線の有働、ニュートラルなイノッチ、ちょっとシニカルな柳澤と、この3人の朝ドラ受けは絶妙なバランスを形成しており、これによってドラマの楽しみはいっそう増幅したと言ってよかった。4月からはどうなるのか。誰に代わっても、これほど完璧な朝ドラ受けはもう見られないのではないだろうか。
8日の朝は、朝ドラ前に放送されている「おはよう日本」(関東版)で高瀬アナが「ふたりの関係がどうやら近づいてきたような気がして気になります」と朝ドラ押し。このレビューでもときどき取り上げているが、ときどき飛び出す高瀬アナの朝ドラトークが面白く、今後は高瀬アナによる「朝ドラ前」に期待がかかるかもしれない。ただ、ネックは、関東版のみであることだが。

しゃべらん漫才


良かれと思って、あえてしゃべらないやり方を、てんがあっけらかんと提案。
いつものようにすぐ「ええな」「ええな」となるかと思ったら、雲行きがあやしい。
しゃべってなんぼが漫才やとリリコは反論、シローもアホみたいに笑われるなんてプライドが許さないと憮然となる。

最初はドイツへの音楽留学の資金稼ぎと思ってやっていたシローが、いつの間にやら、漫才に熱心になっていた。
リリコも、最初は、相方を好みでないと思っていたはずが、すっかりシローの味方に。

ところが、シローが頑張ってうまくなればなるほど、面白くなくなっていく。
てんとしては、女性上位の夫婦喧嘩が面白いと思ってのことで。万城目夫妻(藤井隆、枝元萌)しかり、風太(濱田岳)とトキ(徳永エリ)夫婦しかり。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

コメント 3

  • beer 通報

    似顔絵入りの紅白饅頭。まだ試作の段階なのに、焼印まで作ってしまう隼也。さすが金持ちのぼんぼん、やる事が大胆だわ〜!

    3
  • 匿名さん 通報

    > ただキツく聞こえてしまい、耳障りに感じる  最近の風太はとくにそんな感じですね。藤吉が大人になり、さらにいなくなって減った突っ込みどころをもう一度増やそうとしているのかと思ってしまいます。

    3
  • 匿名さん 通報

    >まさに「引っ張りな!」(「時うどん」ネタを楓〈岡本玲〉がオマージュして新作落語に取り入れたという設定なんだろう)である。  ここの意味が、わかりませんでした、何を言わんとしてるんでしょう。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!