今注目のアプリ、書籍をレビュー

4

「花のち晴れ」4話。影が薄すぎるC5…5人中3人の顔と名前がまだ覚えられない!

2018年5月15日 09時45分 ライター情報:北村ヂン
『花より男子』新シリーズ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS・火曜10:00〜)第4話。

一緒にバッティングセンターやもんじゃ焼き屋に行って、ますます距離が縮まった江戸川音(杉崎花)と神楽木ハルト(平野紫耀)。

そこに、ハルトのことが好きな女・真矢愛莉(今田美桜)がやってきて……。前回から引き続き、愛莉大暴れの巻。

今田美桜ちゃんのサイコお嬢様っぷりがスゴイ


音が隠れ庶民であることを暴露し、庶民狩りを煽っていた張本人である愛莉が、これまでのことを謝罪したかと思ったら「愛莉と友達になってくれる?」と、いきなりフレンドリーモードに。

もちろん、「……と見せかけて」音を陥れる気マンマン。「親しくなった学校の女友達はだいたい裏切る」という『花男』からの伝統的お約束パターンだ。

しかし、愛莉……というか今田美桜ちゃんのフレンドリー演技が絶妙なのだ。

C5の仲間である平海斗(濱田龍臣)に「音もしゃべったら結構いい子でさぁ……」と語ったり、ツッコミ合っている音とハルトを、微笑みを浮かべながら見守る愛莉の姿は、「ああ、ホントにハルトのことは吹っ切れたのね〜」と思わせるに充分。音だけでなく、視聴者もまんまと手玉に取られてしまったことだろう。

そうやって心を許したところで、音は罠にハメられて冷蔵室に閉じ込められちゃうんだけど。

友達になったふり、悪意を全開にした顔、サイコパスのような高笑い……それぞれを巧みに演じ分けていたもんで、最終的に、音に対してホントに心を開いた後も「まだ何か企んでるんじゃないか、コイツ!?」とゾワゾワさせられてしまった。

愛莉を演じている今田美桜ちゃん、『僕たちがやりました』の生徒役や、『民衆の敵』で高橋一生が入れ込んでいたデリヘル嬢役など、ちょいちょいドラマでは見かけていたものの、特に印象には残ってはいなかったのだが、今回の愛莉役はなかなかのハマリっぷり。

お人形さんみたいにカワイイ超・お嬢様だけど実はヤベエ女……という役柄にばっちりマッチしたということか。
イラストと文/北村ヂン

平野紫耀くんの演技は……相変わらず!


さて、愛莉の策略にまんまとハマッて冷蔵室に閉じ込められてしまった音だったが、冷蔵室の奥には、これまた愛莉に騙されて閉じ込められた馳天馬(中川大志)が。

冷蔵室の中での天馬も、相変わらず王子だった。

自分の方が先に閉じ込められていて寒いハズなのに、音に上着をかけてやり、グイッと抱きしめて……。

ライター情報

北村ヂン

群馬県出身。ライター&イラストレーター。珍奇でバカでサブカルチャーなものが主な取材対象。「デイリーポータルZ」や「日刊サイゾー」などで執筆中。

URL:Twitter:@punxjk

「「花のち晴れ」4話。影が薄すぎるC5…5人中3人の顔と名前がまだ覚えられない!」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    面白いほど イラストの顔が全然似てない 

    3
  • 匿名さん 通報

    >相変わらず平野紫耀くんの演技も応援したくなってしまう。  演技、下手だよなあ。顔は悪くないんだけど❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >飯豊まりえちゃんは確かにカワイイんだけど >人気カリスマモデル役としては薄めの顔なので  人気モデルに見えないとかなり突っ込まれてました!

    2
  • 匿名さん 通報

    よう知らんけど、モデルさんなら池田 エライザさんが可愛いと思う。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!