【対談連載】登山家 (無名山塾創設者) 岩崎元郎

【対談連載】登山家 (無名山塾創設者) 岩崎元郎
2020.4.1/東京都豊島区の無名山塾事務所にて
【東京都発】本文でもふれているが、いま岩崎さんは、年配者でも無理なく登れる安全でいい山を探しているそうだ。昨年見つけたおすすめの山は、埼玉県飯能市にある標高246メートルの龍涯山(りゅうがいさん)だ。ところで「無理なく安全」の意味は誰にでも容易に理解できるが、「いい山」の条件は何だろうか。岩崎さんは、それを「品がある」と表現する。もちろん感じ方は人それぞれだから、品があるかどうかは実際に行かないとわからない。「まずは行ってみよう」という、“岩崎先生”のポリシーに見事に合致した。(本紙主幹・奥田喜久男)

●「山を続けていれば新しい人生が拓けるよ」という言葉を糧に
 昭和山岳会に入って、最初はついていくだけで大変だったということですが、そこで6年間、登山の基本を学ばれました。その後も“山屋”としてキャリアを積むわけですが、その道を進むことに迷いはなかったのですか。
 私の父は53歳と早くに亡くなったのですが、その後も、父の友人だったNさんという方とのおつき合いが家族ぐるみで続きました。私が24、5歳の頃、Nさんに「そろそろ山をやめて他のことをしようかと考えている」と話したことがありました。ほぼ同世代に長谷川恒男さんや植村直己さんなどがいて、彼らにはとてもかなわないと考えていたからです。ところがNさんは「モトくん、山を続けていれば新しい人生が拓けるよ」と言ってくださったんです。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。