スポーツクライミングの東京五輪出場権は維持の方針

スポーツクライミングの東京五輪出場権は維持の方針

スポーツクライミングの東京五輪出場権は維持の方針

 国際スポーツクライミング連盟(IFSC)は30日、東京五輪の延期を受けて実施した27日の電話会議の中で、IOCに対し現在の東京五輪出場権がそのまま維持されるよう主張したことを選手らに伝えたと発表した。

 電話会議には、日本の野口啓代ら東京五輪代表に内定している15名の選手が参加。IFSCのマルコ会長は「大会会場やジム、外岩ではなく、パソコンの画面を通して選手たちと会うことはかなり珍しいことだったが、どのような形でも選手たちと情報共有することができてよかった」と声明を出した。

 また、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっている4つの大陸別五輪予選大会は年末までに実施できるよう調整していることも明らかにされた。

 東京五輪出場をめぐっては、日本では野口啓代、楢崎智亜がすでに代表に内定。IFSCは日本の男女2枠目は野中生萌、原田海で決定済みとしているが、突如選考基準が変更されたとする日本山岳・スポーツクライミング協会は新解釈の取り消しを求めスポーツ仲裁裁判所に提訴している。

CREDITS


編集部 /

写真

窪田亮

あわせて読みたい

CLIMBERSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。