発行部数が3500万部を超える、車田正美の人気漫画『聖闘士星矢』を原作としたハリウッド映画『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』が2023年に公開されることが発表。主演を務める新田真剣佑はハリウッド映画初主演となる。



【動画】『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』30秒の特報映像

 作品の舞台は、かつて神々が支配していた地上世界。戦いの神アテナがこの地に生まれるとき、世界に滅亡の危機が訪れる。ペガサスの星のもとに生まれた青年は、運命の女神を護れるか…?

 主人公の星矢を演じるのは、『パシフィック・リム:アップライジング」で初のハリウッド映画出演を果たした新田真剣佑。ほかにも『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『ゲーム・オブ・スローンズ』のショーン・ビーンや『X-メン』シリーズのファムケ・ヤンセンなど、ハリウッド実力派俳優がその脇を固めている。

 監督は2019年のNetflixで世界中で視聴数No.1をたたき出した「ウィッチャー」の製作総指揮兼演出のトメック・バギンスキー。そして、アクション監督を『シャン・チー/テン・リングスの伝説』やジャッキー・チェンのスタントで有名なアンディ・チャンが担当している。


 さらに『マトリックス レザレクションズ』や『DUNE/デューン 砂の惑星』、『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』などハリウッドのそうそうたる超大作を手掛けるDNEGがVFXを担当するなど、ハリウッドの精鋭たちが集結。

 このたび本作初の本編映像として特報予告が解禁。近年、アカデミー賞での視覚効果賞の常連となっているDNEGが手掛けるVFXはさすがのハリウッドクオリティ。宇宙規模で展開される壮大な世界観を余すことなく忠実に描き切る。

 併せて公開されたティザービジュアルでは崩れ落ちていく荒廃した世界のはざまを一人、歩みを進める星矢の後ろ姿が描かれている。彼の行く先には何が待ち受けているのか? 「運命を、超えてゆけ」というコピーの意味するところは一体? 作品への期待が高まる1枚となっている。


 新田は出演について「全世界で愛されている『聖闘士星矢』という作品に携われて、僕自身驚きと感動に溢れ、今でも気持ちが高揚しています。そしてハリウッド映画初主演という喜びを噛み締めて撮影時は全身全霊でSEIYAを演じました。『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』は素晴らしいキャスト、スタッフで作り上げた最高の作品です。全世界の人に楽しんでもらえると嬉しいです」と、喜びのコメントを寄せた。

 映画『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』は、2023年公開。