ファッション界のアカデミー賞と称される、2023年CFDAファッション・アワードが開催された。会場には、ファッションで注目を集めるセレブたちが大勢駆け付けた。



【写真】ホワイトカーペットを彩ったセレブ達 キム・カーダシアン、アン・ハサウェイ、グウィネス・パルトローほか

 Page Sixによると、現地時間11月6日、米ニューヨークのアメリカ自然史博物館にて、CFDAファッション・アワード2023が開催され、会場に敷かれたホワイトカーペットの上で、セレブたちがポーズを取ったそうだ。

 キム・カーダシアンは、ホワイトカーペットと白地に黒い文字が書かれた背景に合わせ、クロムハーツのハイネックドレスで登場。グラマラスな彼女のボディラインを強調するような細身のドレスに合わせ、ヘアはラフなアップにスタイリング。

 この日ホストを務めたアン・ハサウェイ。彼女はラルフ・ローレン2024年春夏コレクションから、デニムのツーピースドレスをチョイス。コルセットに、長いトレーンを引くスカートを合わせ、ブルガリのジュエリーをプラス。
たおやかな黒髪はダウンスタイルにし、エレガントに仕上げた。

 グウィネス・パルトローは、自身のライフスタイルブランドGoopによるG.Labelのアイテムを纏って登場。全身黒のシンプルなコーデに、シルバーのジュエリーとブロンドのヘアスタイルがよく映える。

 エミリー・ラタコウスキーは、打って変わってライムイエローのミニドレスをチョイス。Tory Burchによるもので、肩や裾にチュール素材でデザインが施された柔らかな風合いのアイテム。足元には同色のミュールを合わせ、美脚を強調した。


 このところ、授賞式などでファッションリポートを担当することの多いヴァネッサ・ハジェンズ。彼女は、ヴェラ・ウォンによる、グラマラスなプリンセスラインのドレスでカメラの前に登場。黒いグローブを合わせ、甘辛コーデを実現させた。

 テニスプレーヤーのセリーナ・ウィリアムズは、トム・ブラウンによるスパンコールが艶やかな黒いドレスで登場。シルクオーガンザの大振りのストールには、パールで鳥の足跡のようなモチーフが刺繍された立体的なデザインが施されており、彼女の唯一無二の存在感を引き立てた。

 カミラ・メンデスは、コーチによるレースの網目がリスキーな黒いハイネックドレスをチョイス。
ボディが透けて見えるデザインで、インナーには同色のブラトップとショーツをコーデ。足元はワークブーツでさらなるスパイスをプラス。

 サム・スミスとのコラボレーションで注目のキム・ペトラスは、クリスチャンラクロワのヴィンテージドレスで他と一線を画すルックを披露。ラッフルをふんだんにあしらい、リボンとフラワーのモチーフがレディライクなデザインは、『マイフェア・レディ』を思わせる。

 ラッパーのスウィーティーは、LAで誕生したブランド、カルト・ガイアのドレスを纏った。ラフィアとストロー素材を用い、同ブランドの職人が仕上げたもので、天然素材を生かした曲線が美しい。


 ダヴ・キャメロンは、コーチによる黒いストラップドレスに、プラットフォームのストラップシューズ、ハンドバッグをコーデ。シューズからは、足の甲のヘビのタトゥーをチラ見せし、メイクはダークなカラーとキツ目に入れたアイラインで魔女っぽさを醸しだした。

 ゼンデイヤとのコレボレーションで知られるカリスマスタイリストのロー・ローチ。Luarのアイテムを使ったコーデは、ジャケットとシャツ、ネクタイと、コンサバティブなアイテムと見せつつ、白いアンダーウェアとネットのタイツが覗く大胆なもの。圧倒的な存在感を見せつけた。