本日6月19日は女優、広瀬すずの26歳の誕生日。広瀬が連続ドラマ初主演を飾ったのが2015年1月期の『学校のカイダン』(日本テレビ系)だった。

広瀬は本作出演後、スターダムを駆け上がっていったが、彼女以外にものちに大活躍する若手キャストは少なくない。今回は、そんな『学校のカイダン』に出演した生徒役キャストたちの現在をまとめた。

【写真】今振り返ると超豪華! 『学校のカイダン』生徒役キャストたち

 『学校のカイダン』は、生徒会長の役目を押しつけられた地味な女子高生・春菜ツバメが、天才的スピーチライターの教えを受け言葉の力によって学校に革命を起こす学園ドラマ。脚本は、のちに2017年度後期のNHK連続テレビ小説『わろてんか』や、映画『君の膵臓をたべたい』、『四月になれば彼女は』を手掛けることになる吉田智子が担当した。

■ 広瀬すず

 主人公・春菜ツバメを演じた広瀬は、放送スタート時16歳。「Seventeen」モデルとしてキャリアをスタートさせたあと、演技の世界に活躍の場を広げた。
本作と同年に公開され、綾瀬はるか、長澤まさみらと姉妹役を演じた『海街diary』で注目を集めると、翌年公開の主演映画『ちはやふる』が大ヒットし、シリーズ化された。その後も映画『四月は君の嘘』『怒り』『流浪の月』など人気作、話題作に多数出演。来年公開予定の坂元裕二脚本の映画『片思い世界』で主演することが発表されている。

■ 神木隆之介

 本作のもう1人の主人公で、ツバメのスピーチライターを務める雫井彗を演じたのは神木隆之介だった。ドラマスタート時は21歳。子役の頃から人気を博し、多数の映画・ドラマに出演していた神木。
本作の翌年2016年には、主人公の声を担当したアニメ映画『君の名は。』で声優アワード「主演男優賞」を受賞し、映画も日本の歴代興収第3位の大ヒットを記録した。昨年は日本を代表する特撮映画シリーズ最新作『ゴジラ-1.0』に主演し、アメリカでも大ヒット。アカデミー視覚効果賞を受賞する快挙を成し遂げた。2021年4月1日付けで16年間所属したアミューズから、同事務所が出資する新会社「Co-LaVo(コラボ)」に移籍することを発表している。

■ 石橋杏奈

 学園の中でも絶対的な権力を持つ8人組の生徒「プラチナ8」のリーダー格で、“学園の女王”として君臨する麻生南を演じたのは、石橋杏奈。
放送スタート時22歳。その後も、ドラマ『天皇の料理番』(TBS系)や、『きみが心に棲みついた』(TBS系)、映画『勝手にふるえてろ』などに出演。2018年8月には、当時プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスで、現メジャーリーグ、サンディエゴ・パドレスに所属する松井裕樹投手と結婚。2020年5月に第1子となる女児、2022年10月に第2子となる男児を出産したことを発表している。

■ 杉咲花

 プラチナ8のメンバー、香田美森を演じたのは杉咲花だった。放送スタート時は18歳。
子役の頃から活動していた杉咲は、本作翌年に公開された映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で、宮沢りえ演じるヒロインの娘役を演じ、注目される。その後、2018年4月のドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)で連続ドラマ初主演を飾り、ドラマも大ヒットした。NHK連続テレビ小説のオーディションには何度も挑戦していたが、2020年度後期放送の『おちょやん』で悲願のヒロイン役を射止めた。現在放送中の主演ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)が好評を博しており、来年公開の『片思い世界』で広瀬と再共演を果たす。

今年「ジョジョ婚」で祝福された女優も!

■ 間宮祥太朗

 プラチナ8のもう1人のリーダー格、須堂夏樹を演じたのは間宮祥太朗だった。放送スタート時21歳。
その後もドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)や、『ナンバMG5』(フジテレビ系)など主演作多数。2021年からは、人気若手俳優が多数出演した映画『東京リベンジャーズ』シリーズに参加した。今年は主演映画『変な家』が公開されたほか、主演を務めたドラマ『ACMA:GAME アクマゲーム』(日本テレビ系)が終了したばかりで、劇場版も公開される予定。プロ野球・阪神タイガースファンで知られ、自身も中学生までは野球をプレーしており、2019年に阪神戦の始球式を務めた際には当時芸能人最速の139km/hを記録したことも。

■ 飯豊まりえ

 プラチナ8のメンバー、伊吹玲奈を演じたのは飯豊まりえだった。放送スタート時17歳。
モデルとして活動するかたわら、女優としても多くの作品に出演。2018年には杉咲の主演ドラマ『花のち晴れ』で共演している。2020年からは人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのスピンオフドラマ『岸辺露伴は動かない』(NHK総合ほか)で漫画家・岸辺露伴(高橋一生)の担当編集者にして相棒的存在の泉京香を演じ、昨年には劇場版『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』が公開された。なお、本作で共演した高橋一生と今年5月に結婚を発表し、「ジョジョ婚」「岸辺露伴婚」などと祝福された。

■ 成田凌

 プラチナ8のメンバー、大倉陸を演じたのは成田凌だった。放送スタート時21歳。「MEN'S NON-NO」モデルとして活動をスタートさせたのち、俳優としても活動を開始。本作で注目を集めると、翌年2016年には大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で、石田ゆり子演じるキャリアウーマンの部下役で出演し、存在感を放った。その後も活躍を続け、映画『愛がなんだ』で見せたヒロインを沼らせる“悪い男”役から、映画『スマホを落としただけなのに』で見せたサイコな殺人鬼役まで、幅広いキャラクターを演じ分ける。今年11月には主演映画『雨の中の慾情』が公開予定だ。

■ 伊藤健太郎

 プラチナ8のメンバー、千崎波留を演じたのは伊藤健太郎(当時の芸名は健太郎)。放送スタート時17歳だった。その3年後、2018年に『今日から俺は!!』(日本テレビ)での役名が本名の姓と同じ「伊藤」であることをきっかけに、同年6月30日付でフルネームに改名、ドラマも大ヒットし、映画化された。その後も順風満帆だったが、2020年10月に都内で自らが運転する乗用車で当て逃げを起こし、道路交通法違反の疑いで逮捕(のちに嫌疑不十分により不起訴)され、活動自粛状態に。その後活動を再開させ、2021年10月に主演舞台『SOULFUL SOUL』が配信されたほか、主演映画『冬薔薇』、『静かなるドン』が公開された。現在、森本慎太郎の主演ドラマ『街並み照らすヤツら』(日本テレビ系)に出演中だ。