1日、日本テレビ系バラエティ『踊る!さんま御殿!!』に、ビジュアル系ロックバンド「LUNA SEA」ボーカル河村隆一の妻・河村公美と、ドラマー真矢の妻であり「モーニング娘。」の元メンバー・石黒彩が登場。それぞれの夫の、家庭での知られざる素顔を語った。

【関連】「河村隆一」フォトギャラリー

 「男と女の友人関係は成立しない」と言われ、新婚当初に携帯から男友達のアドレスはすべて消すよう指示されたという石黒。普段は毎日「愛している」と言われるそうで、「見かけによらず乙女チックなところが多くて」と真矢の印象を語る。

 一方の河村は、新婚時代はほぼ軟禁状態であり、トイレに行く際にも夫・隆一の前に携帯電話を置き、SOSを外に発信できないようにされていたことを告白。日々の解せない状態を「あの人は神様のような人だから」と自分に諭していたエピソードを明かした。

 また、以前テレビで“神様”発言をしたことにより「昔は“荒ぶる神”でしたが、テレビに出てからは“優しい神”になりましたね」と様子が変わってきたそうで、それを聞いた「シャ乱Q」ドラマーまことの妻であるフリーアナウンサー・富永美樹は「シャ乱Qでよかった」と胸をなでおろす。

 さらにこの日は俳優・柳楽優弥の妻である豊田エリーも登場し、夫が遅く帰ってきた際の晩御飯は「きゅうりと味噌のみ」という寂しい普段の生活を告白。その一方、自身の子供が、普段繋がない手を繋がせたというエピソードを明かし、「なんか本当に久しぶりで感動しちゃったんです」とその瞬間を振り返っていると、MC・明石家さんまがすかさず「ホンマかいな!ウソをついてまでテレビに出たいのか!?」とツッコミを入れ、笑いを誘っていた。