『危険なビーナス』第7話 母の死に新事実 “伯朗”妻夫木聡、“佐代”麻生祐未に接近

『危険なビーナス』第7話 母の死に新事実   “伯朗”妻夫木聡、“佐代”麻生祐未に接近

 妻夫木聡が主演を務め、吉高由里子が共演する日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系/毎週日曜21時)第7話が今夜放送。第7話では、伯朗(妻夫木)の母・禎子(斉藤由貴)の死について新事実が明らかとなり、さらに、母との関係を探るため、楓(吉高)とともに佐代(麻生祐未)のもとを訪れる。

【写真】“伯郎”妻夫木聡は、母との関係を探るため“佐代”麻生祐未のもとを訪れる 『危険なビーナス』第7話より

 伯朗(妻夫木)と楓(吉高)は小泉の家を探る中で、明人(染谷将太)が数年前に小泉の家に来て、母・禎子(斉藤)が亡くなったお風呂場をじっと見つめて佇んでいたこと、そして禎子が亡くなる少し前に、なぜか佐代(麻生)がそこを訪れていたことを知る。

 禎子と佐代はどんな関係にあったのか? 母を殺した真犯人は佐代なのか? 動物病院へ戻った伯朗と楓は、小泉の家から持ち帰ったアルバムを見て、あれこれと推理する。そんな伯朗と楓の様子を外から伺う黒服の男がいた…。

 伯朗は矢神家を訪れ、寝たきりの康治(栗原英雄)から母の死の真相を聞き出そうと試みる。しかし康治は、「あきとにうらむな」という謎のメッセージを文字盤に残して、再び眠りに落ちてしまう。

 康治から禎子と佐代について何も聞き出せなかった伯朗と楓は、直接佐代に話を聞こうと試みる。

 一方、勇磨(ディーン・フジオカ)は密かに康治の研究室を探っていた。とある幾何学模様の画を見つけた勇磨は、それが牧雄(池内万作)の追い求める、30億の遺産よりも「価値あるもの」につながる重要な資料と考え、それをネタに楓にアプローチをかけてきて…。

 日曜劇場『危険なビーナス』第7話は、TBS系にて11月22日21時放送。

当時の記事を読む

妻夫木聡のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「妻夫木聡」に関する記事

「妻夫木聡」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「妻夫木聡」の記事

次に読みたい「妻夫木聡」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 妻夫木聡 ドラマ
  2. 妻夫木聡 映画
  3. 妻夫木聡 櫻井翔

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。