米倉涼子、綾野剛、横浜流星が見つめるそれぞれの“正義” 『新聞記者』キーアート解禁

米倉涼子、綾野剛、横浜流星が見つめるそれぞれの“正義” 『新聞記者』キーアート解禁
拡大する(全1枚)

 女優の米倉涼子が主演し、綾野剛横浜流星らが共演するNetflixシリーズ『新聞記者』より、登場人物たちが鋭い視線を向けるキーアートと場面写真が解禁された。

【写真】米倉涼子&綾野剛ら熱演 『新聞記者』場面写真

 2019年6月に劇場公開され大ヒットした映画『新聞記者』は、近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込み、タブーに挑戦したといわれる衝撃的な内容とスリリングな展開で、第43回日本アカデミー賞の最優秀作品賞を含む主要3部門など多くの映画賞を受賞した。
 
 本作はこの問題作をさらにスケールアップし、キャストも一新して贈る全6話のドラマ。メディア、官僚、市井の人々―それぞれの正義がせめぎ合う中、葬られた事件の真相に迫っていく。“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈役を米倉、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄(ほんろう)される若手官僚・村上真一役を綾野剛、新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役を横浜流星が演じる。
 
 さらに自分の意思に反し改ざん作業を強いられる公務員・鈴木和也とその妻・真弓を、吉岡秀隆寺島しのぶのコンビが熱演。複雑に絡みあう物語の脇を固めるのは、吹越満田口トモロヲ大倉孝二田中哲司萩原聖人柄本時生土村芳小野花梨、橋本じゅん、でんでん、ユースケ・サンタマリア佐野史郎。監督は映画版に引き続き藤井道人が務める。

 映画版でも登場した東都新聞や内閣情報調査室といった舞台のほか、藤井監督が新たに「自分自身の目線から物語を紡ぐ」ため、市井の人々、特に若者の視点を取り入れたという本作。キーアートは、松田(米倉)、村上(綾野)、木下(横浜)、鈴木(吉岡)、鈴木の妻・真弓(寺島)の5人の登場人物が、それぞれ異なる方向に鋭い視線を向ける姿を配置したもの。自分たちなりの矜持を持つ、彼らの“正義”がせめぎ合う様子を表現したものとなっている。

 場面写真は、松田(米倉)が権力の不正を追及する姿や、村上(綾野)が組織の中で翻弄される様子、木下(横浜)が新聞配達をする姿、鈴木(吉岡)と鈴木の妻・真弓がそれぞれ深刻な表情を浮かべる姿などが切り取られている。

 Netflixシリーズ『新聞記者』は、2022年1月13日より全世界独占配信。全6話。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

米倉涼子のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「米倉涼子」に関する記事

「米倉涼子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「米倉涼子」の記事

次に読みたい「米倉涼子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク