『ファイトソング』第3話 “花枝”清原果耶、“芦田”間宮祥太朗とデート “慎吾”菊池風磨はやきもき

『ファイトソング』第3話 “花枝”清原果耶、“芦田”間宮祥太朗とデート “慎吾”菊池風磨はやきもき
拡大する(全1枚)

 女優の清原果耶が主演するドラマ『ファイトソング』(TBS系/毎週火曜22時)第3話が今夜25日に放送される。“恋の取り組み”を始めた花枝(清原)と芦田(間宮祥太朗)がデートの仕切り直しをする。

【写真】芦田(間宮祥太朗)と“恋の取り組み”をすることにした花枝(清原果耶) 第3話場面カット

 『ファイトソング』は、空手の日本代表を目指すも夢破れ、人生どん底の主人公・木皿花枝(清原)が、持ち前のスポーツ根性で逆境だらけの運命に立ち向かっていくヒューマンラブコメディー。花枝と三角関係の恋を繰り広げる一発屋の変人ミュージシャン・芦田春樹役を間宮祥太朗、いちずに花枝を思い続けている幼なじみの夏川慎吾役を菊池風磨Sexy Zone)が演じる。脚本は岡田惠和

■第3話あらすじ

 芦田(間宮祥太朗)と期間限定で“恋の取り組み”をすることにした花枝。目いっぱいのおしゃれをして人生初めてのデートに出掛けるが行き先は、お世辞にも初デート向きとはいえない敷居の高い高級和食店。自分たちの恋愛偏差値がかなり低いことを痛感しながらも、花枝はワクワクし心が動くのを感じていた。

 鼻歌まじりに帰ってきた花枝は、直美(稲森いずみ)たちに、芦田と“恋の取り組み”を始めたことを報告。しかし慎吾(菊池風磨)は、突然の恋のライバル(?)登場に思わずイライラ。親友の凛(藤原さくら)は、花枝がそんなおかしな“取り組み”をするには何か理由があるのではと気になっていた。

 その頃、芦田もマネージャーの弓子(栗山千明)と元バンド仲間の薫(東啓介)に、花枝とのことを打ち明けていた。良い曲を書くためとはいえ、芦田が本当に“恋の取り組み”を始めてしまったことにあきれる弓子。しかし、実は弓子もまた、芦田に抱く密か思いを自覚して動揺していた。

 そんなまわりのやきもきを知る由もない花枝と芦田は、デートの仕切り直しで中華街デートを決行。いてもたってもいられない慎吾は、こっそりと2人のあとを付けるのだが…。

 ドラマ『ファイトソング』はTBS系にて毎週火曜22時放送。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

清原果耶のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「清原果耶」に関する記事

「清原果耶」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「清原果耶」の記事

次に読みたい「清原果耶」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク