デンマークの白人男性・モートンがイスラム教に改宗し、 やがてスパイとなった理由 [橘玲の世界投資見聞録]

デンマークの白人男性・モートンがイスラム教に改宗し、 やがてスパイとなった理由 [橘玲の世界投資見聞録]
コペンハーゲンの通勤風景。「二重スパイ」モーテンが生まれたのは、「世界でいちばん幸福な国」デンマークだった                      (Photo:©Alt Invest Com)
       
 アンナ・エレルの『ジハーディストのベールをかぶった私』は、フランス人の女性ジャーナリストがジハーディストとの結婚に憧れる若い(白人)女性に扮し、インターネット上でIS(イスラム国)幹部と接触を試みた稀有な記録だ。

[参考記事]
●ヨーロッパの若い女性がISに渡ろうとする理由とその末路

 それに対してモーテン・ストームの『イスラム過激派二重スパイ』は、デンマークの地方都市に生まれた白人男性がイスラーム原理主義に傾倒し、ウサーマ・ビン・ラーディンとつながるアルカーイダ幹部と接触をもち、その結果、イギリスの情報機関MI5(軍情報部第5課)やアメリカのCIA(中央情報局)にスパイとして雇われることになった経緯を語った、これもまた稀有な証言だ。

デンマークの貧しい家庭に生まれたモーテンが犯罪者へと堕ちていく過程

 モーテンは1976年にデンマーク、シェラン島の西端にある人口2万5000人ほどのコアセーで生まれた。労働者階級の父親はアルコール依存症で4歳のときに家を出てしまい、母親の再婚相手は陰気な男で、妻や義理の息子モーテンに繰り返し暴力を振るった。

 13歳のとき、モーテンははじめて強盗を試みた。友人が父親の22口径のリボルバーを持ち出し、目出し帽をかぶって、安煙草を売る老人の店を襲ったが抵抗されて失敗し、近くのテイクアウトの料理店に押し入ったところ、カウンターにいたのは家族ぐるみでつきあっていた女性だった。たちまち「モーテンなの?」と見破られ、慌てて逃げ出した腹いせに道端にいた年配女性のハンドバッグをひったくったところ、女性は転倒して腰の骨を折った。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。