業績が急成長している「隠れ低PER株」を探せ! 外国人投資家も使う「PEGレシオ」で見つけた 高PERだけど高成長で割安株の2銘柄を紹介!

業績が急成長している「隠れ低PER株」を探せ! 外国人投資家も使う「PEGレシオ」で見つけた 高PERだけど高成長で割安株の2銘柄を紹介!

高PERだからといって、それだけで見限ってはいけない。なぜなら、利益が急成長するような株であれば、それによりPERは一気に低下するからだ。こうした業績が急成長している「隠れ低PER株」の探し方とおすすめの2銘柄を紹介しよう(株価や指標は2016年8月5日現在。来期予想はアナリスト予想の平均。PEGレシオは今期会社予想と来期アナリスト予想の1株利益から算出)

外国人投資家が重視する重要の指標、
「PEGレシオ」で割安度をチェックせよ!

「PER20倍と聞くとその株を割高と判断する人は多いが、成長率次第では、そうとは限らない」と岡三証券の小川佳紀さんは指摘する。

「株式投資で重要視されるのは、今後の成長性です。PERが20倍でも、PERを算出するための1株利益の成長率が1ケタ(たとえば2%)の場合と、2倍(200%)の場合では割安度がまったく違う」

 証券会社のサイトなどで、確認できる予想PERは、今期予想の1株利益から計算されている。今期予想で見たPERが20倍だとしても、来期に利益が2倍に伸びるなら、PERは半分の10倍まで下がる。つまり、現在は高PERの株であっても、将来の利益次第では割高ではなくなるのだ。

「日本企業全体では、低成長が続く可能性が高く、高成長株は希少な存在です。また、成長率が高い銘柄は、高PERとなっていったん株価が下落しても、再び上昇するケースが多い」(小川さん)

 こうした今高PERでも成長性から見ると割安かどうかを確認できるのが、PEGレシオという指標だ。PEGレシオは「PER÷1株利益成長率」で算出する。PER20倍で1株利益の成長率が2%ならPEGレシオは10倍、成長率が20%なら1倍となる。つまり、成長率が高いほど、低くなる。日本ではなじみが薄い指標だが、米国を中心に海外投資家は、この指標を重視している。


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。