bit

昔ながらのおやつ、“かりんとう”が進化していた

昔ながらのおやつ、“かりんとう”が進化していた
いつものと違う!? ドーナツのような食感。クセになります。
ほうじ茶によく合う、昔ながらの素朴なおやつ、かりんとう。カリッとした食感で硬いものだと思っていたけれど、最近は「柔らかいかりんとう」が登場しているらしい。中には、あんこが入ったまんじゅうタイプなどもあるそうで、もはや駄菓子というより「かりんとうスイーツ」と呼びたい進化っぷりです。

中でも、「何これ?? おいしーー!!」と感動したのが、兵庫県にある「円山菓寮」の「蜜ん棒」というソフトかりんとう。見た目は普通のかりんとうなのだが、食べるとふんわり&しっとりしていてまるでドーナツのよう。メープル味というのをチョイスしたのだが、生地に蜜がよ~く染み込んでいてコーヒーにもよく合う。疲れているときなどに食べると脳が活性化しそうな、けっこうガツンとくる甘さです。

「円山菓寮」さんに問い合わせてみたところ、売れ筋は黒糖味の「黒蜜」だそうだが、リピートが多いのははちみつと糖蜜を含ませた「花蜜」だそう。「デビュー当初はあまり売れずに苦戦しましたが、今では円山菓寮の販売上位を占める定番商品になっています」とのことだった。
購入者は甘いもの好きの女性のみならず、「最近は焼酎のアテにかりんとうが合うとプチブームにもなっているようで、男性からも人気です」とのことで「へ~っ」と感心。

また、余談になるが鳩山首相&幸夫人が昨年、円山菓寮の玉川高島屋店を訪れてかりんとうを買われたそう。夫妻が購入したのはニューウェイブの「蜜ん棒」ではなく、昔ながらの伝統製法にこだわり、古き良きかりんとうの味を再現した「古代復刻かりんとう」だったそうだ。

あわせて読みたい

  • 韓国のミスドは、かなり進化している

    韓国のミスドは、かなり進化している

  • 「ふわふわ触感」に夢中の人たち

    「ふわふわ触感」に夢中の人たち

  • コネタの記事をもっと見る 2010年4月11日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース