review

4年ぶりの「水曜どうでしょう」が到達した新境地〈藤村忠寿(藤やん)新刊インタビュー前編〉

4年ぶりの「水曜どうでしょう」が到達した新境地〈藤村忠寿(藤やん)新刊インタビュー前編〉
「好き勝手やっているように思われますが、僕は根っからの『組織人』なんです」と語る藤村さん。組織でラク~に生きる方法、そして新シリーズについても聞いてみました!
地方発、全国区となった人気番組「水曜どうでしょう」の新シリーズが4年ぶりにスタートした。時期を同じくして同番組のチーフディレクター“藤やん”こと、藤村忠寿さんの初めての単書『けものみち』も発売(レビューはこちら)。タレントを騙し、拉致同然で海外ロケに連れ出し、「放送は1カ月半やったら二週間休みます」と宣言……とやりたい放題。“常識”を次々と覆してきた男の正体とは……? じゃじゃじゃじゃあ、藤村さん、どうぞ!

――今回の本は、アウトドア雑誌の取材がきっかけになっているそうですね。
藤村 5年前に取材してくれたライターさんから久しぶりに連絡があって「本を書きませんか」と言われたんです。驚いて、よくよく話を聞いてみると、出版社に転職し、編集者になったという。以前であればお断りしていたと思うんですよ。本を書くなんて、柄じゃありませんから。でも、5年間という歳月を経てもなお覚えていてくれた。……となると、断れませんよねぇ。おかげで大変な目に遭うことになるわけですが(笑)

――“大変な目”というのは……? 
藤村 原稿を書く時期と、“どうでしょう”新シリーズの編集の時期が重なってしまったんです。4年ぶりの新シリーズなのに、よりによって……(笑)。でも、今更「やめます」と言うわけにもいきません。でね、「深く考えるのはやめよう!」と。

――観念して書いたと(笑)。そんなご著書には“外圧”をかわしながら、わが道を行く戦略がいくつも登場します。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2011年5月11日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース