bit

かわいすぎる! 子どもたちの小さなレモネード屋さん

かわいすぎる! 子どもたちの小さなレモネード屋さん
レモンを持った子ども店員、かわいい!
「レモネードはいかがですか? うれたおかねは、ひさいちに、きふします! 1ぱい200えんです!!」

週末の二子玉川(東京都世田谷区)に、元気な声が響いていた。大きめのエプロン姿が、なんともかわいらしい子どもたちが、レモンを手搾りして作ったレモネードを懸命に売っている。

6月11日限定で登場した、子どもたちによる小さなレモネード屋さん。実はこれ、「レモネードスタンド」と呼ばれる、子どもによる子どものための支援チャリティなのだ。売上金はすべて、福島県の被災地の子どもたちへ寄付されるという。

そもそもレモネードスタンドとは、アメリカではよく知られた子どものチャリティ活動。子どもたちが自分でお金を稼ぐことを学ぶために、自宅の前でレモネードを売るという活動だ。今回の震災後も、アメリカの子どもたちがレモネードスタンドをおこない、売上金を日本に寄付してくれたという報告もある。

そんなレモネードスタンドが今回日本で実現したのは、ソフトプレッツェル専門店「アンティ・アンズ」と民間学童保育「キッズベースキャンプ」(以下KBC)の協力によるもの。被災地支援のために何かしたいという共通の思いのもと、アンティ・アンズの店舗で実際に売っているレモネードと同様の商品を、KBC二子玉川の子どもたち約20人が販売することにしたのだという。

イベントに先がけ、子どもたちは2週にわたって準備を実施。被災地にボランティアに入ったKBCスタッフの話を聞いて、自分たち何ができるのか話し合ったり、お店に掲げるポスターを作ったり、発声練習もしたのだとか。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース