review

『美味しんぼ』常識はもう古い!?  日本酒ってどう選べばいいの?

なので、お酒を見たときに「純米」と書いてあればお米だけで造られたお酒。書いていなければ醸造アルコールが少し入っているお酒となります。

STEP2:精米歩合で分ける

精米歩合とは、お米をどれだけ削ったかの割合です。例えば精米歩合70%だったら、70%になるまで削る、つまり玄米の状態から30%ほど削るということを意味します。普段我々が食べる白米は、精米歩合にすると90%ぐらいになります。

お酒を造るお米は、実は食用のお米ではありません。酒造好適米という、酒造りに適したお米を使っています。これらのお米は心白というお米の芯の部分が通常の食米よりも大きいのが特徴になります。

お酒を造るには、この心白が重要なのです。心白以外の部分は、乱暴に言ってしまうと雑味に分類されてしまうのです。従って、心白以外の部分は削ってしまうと、雑味のないすっきりとしたお酒になります。

日本酒は、例外もありますが、だいたいこのお米を30%削る、精米歩合が70%以下で造られます。そしてその精米歩合が60%になると(つまり、40%を削ってしまうと)そのお酒は特別な名前がつきます。ということで、精米歩合70%から60%の間の日本酒は本醸造酒、純米酒と呼ばれます。そして60%以下になると、これは特別なお酒だということで、特別本醸造酒、特別純米酒と呼ばれるお酒になるのです。

さらにこの精米歩合60%以下のお酒のうち、吟醸造りという、特別に吟味をして低温じっくり造ったものを「吟醸酒」と言います。これが純米酒でなおかつ吟醸酒の条件を満たしていると、純米吟醸酒となるのですね。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク