bit

ベルギー初のジャパン・エキスポが開催

       
11月4日から6日にかけて、ベルギーの首都ブリュッセルの展示場「Tour & Taxis」でジャパン・エキスポが開催された。ジャパン・エキスポとは、日本のアニメ、漫画、ゲームを中心に日本文化を紹介するイベントで、1999年にパリではじまったもの。現在ではフランス国内ではパリ、マルセイユ、オルレアンで開かれており、フランス国外では今回のブリュッセルが初だ。

早速、会場内を歩いてみると、パリと同様に多くの来場者がおのおの好みのアニメやゲームキャラクターの格好をして訪れていた。全体的なコスプレのレベルは、どちらかと言えばフランスの方が高いが、会場規模は一週間前に第一回が開催されたオルレアン(コネタ既出)より広かった。

ブリュッセルでもあいかわらず人気なのが、任天堂のダンスゲームソフト『ジャストダンス』のコーナー。多くの人があつまり注目度は高かった。また会場内には、秋葉原にあるようなメイドと執事が給仕するカフェも設けられ、別料金を払って一緒に写真撮影できるシステムもあった。ただし、カフェ自体はとても手作り感あふれ学園祭のイベントのよう。アニメやゲーム関連以外では、会場内の一角では和太鼓や空手、合気道等の演舞も注目を集めており、一方でテコンドーのデモンストレーションもおこなわれていた。

実際、ここベルギーでの日本の印象とはどのようなものなのだろうか。
「ベルギー人にとって最近の日本のイメージはアニメ、漫画、ゲーム、そしてそれらのコスプレが主です。日本人から見れば彼らが持つ印象は少々偏っていますが、日本への関心は高まっています。今回のジャパン・エキスポでも、近隣の国や地域から数時間かけて訪れる参加者もいるくらいです。日本語学習者に関しても、以前は大学等で20歳前後から日本語を学ぶ人が圧倒的でした。しかし最近では15歳くらいから学ぼうとする人が増えています」(ブリュッセル在住日本語教師)

さらに、ジャパン・エキスポがフランス国外へ拡大しようとしていることにあわせて、今までフランス国内の会場のみ参加していた出展者も、ビジネス面を含め関心を寄せている。例えば、パリやオルレアン会場内で日本食を実演販売していたフランスの業者の場合、今後はブリュッセルへの参加も考えているという。

もはやブームというより、アニメや漫画を中心として若者層に一つのジャンルを確立しつつある日本のカルチャー。フランス国外初のジャパン・エキスポはバンド・デシネ(漫画)の国ベルギーでも成功をおさめたようだ。
(加藤亨延)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年11月16日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。