review

「平成狸合戦ぽんぽこ」から「耳をすませば」で団地はどう変わったのか

       
さて、「団地団」とは、一昨年(2010年)12月に開催されたロフトプラスワンでのトークライブを機に結成されたユニットである。メンバーのうちフォトグラファーでライターの大山顕は、『工場萌え』(2007年)などの著書でドボク系写真集ブームを巻き起こす一方で、以前より「住宅都市整理公団」というウェブサイトを運営する団地鑑賞の第一人者だ。また速水健朗は、ケータイ小説やショッピングモール、ラーメンなどさまざまなものを通じて、日本人の生活やそれを取り巻く都市やシステムの変化を考察しているライター・編集者である。そして佐藤大は、アニメ「カウボーイビバップ」『交響詩篇エウレカセブン』などの代表作がある脚本家であり、団地で育った経験から団地に興味を持つようになったという。

団地団のトークライブは不定期ながら現在も継続中で、本書はその最初の4回分を、加筆・再構成して単行本化したものだ。そこでは、映画のほかドラマ、マンガ、小説など数多くの作品がとりあげられているのだが、作品自体を論じることよりも作中で団地がいかに描かれているかということに重点が置かれている。ライブの観客も観客でマニア濃度は高く、前出の「耳をすませば」に出てくる団地のモデルがどこなのか、大山が《多摩市の百草団地ですよね?》と確認すると、すかさず《客席から「愛宕団地」の声》が上がるといった按配で楽しい。

団地団の3人のなかでも佐藤の発言には、団地育ちならではのものが目立つ。たとえば、市川崑監督の

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年2月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。