review

「平成狸合戦ぽんぽこ」から「耳をすませば」で団地はどう変わったのか

「団地妻 昼下がりの情事」(1971年)との意外な関連性も指摘されている。これについては先述の元ネタとあわせて、ぜひ本書で直接確認していただければと思う。

団地団は、“団地探偵団”といえるかもしれない。そう思ったのは第4章、横溝正史の小説『白と黒』(1960年)を大山が紹介するくだりだ。団地が登場する横溝作品では異色作である『白と黒』に登場する「日の出団地」とはどこなのか? 実在する同名の団地(東京都足立区)は小説よりもあとに建てられたものなので別物であることは明白。そこで大山は、作中から団地の立地を説明する箇所を拾い集め、ネット上のアーカイブにある資料と照合させながら、くだんの団地の所在地を突き止める。同時にそこが近年、とあるテレビアニメの舞台になった団地であることも判明して、ジグソーパズルの最後のピースがハマったような爽快感があった。

終章にあたる第5章では、「世界の団地から」と題して韓国やフランス、イギリスなど各国の団地映画をとりあげるとともに、現在の日本の団地をめぐる状況についても触れられている。たとえば、各地の団地は入居者の高齢化という問題を抱える一方で、最近では若い世代の入居も目立つということ(先頃NHKで放映された山田太一脚本のドラマ「キルトの家」は、まさに団地に住む老人たちと新たに入居してきた若い夫婦の接触を描いたものだった)。さらには日本で働く外国人の流入もここ10年のあいだに増え、大規模団地が続々と外国人コミュニティ化しているという。その理由を、大山は《公共住宅は年収によって家賃が増減するし、審査も民間の住宅に比べて敷居が低いので日本在住の外国人にとっては住みやすい場所》なのだと説明する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年2月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。