bit

ソウルの丸亀製麺には限定メニュー「ビビンうどん」がある

お手ごろ価格で本格的な讃岐うどんが食べられる「丸亀製麺」が、昨年12月下旬に韓国初上陸。ここには何と、韓国限定メニュー「ビビンうどん」なるものがあるという。一体どんなものか、1号店となる弘大店にさっそく足を運んでみた。

「ビビン」とは韓国語で「混ぜる」の意味。韓国で「ビビン冷麺」と言えば、冷麺にコチュジャンソースがたっぷり入った、よく混ぜて食べる激辛冷麺のこととなる。注文した「ビビンうどん」(中4800ウォン=約400円)は、おなじみの讃岐うどんに、真っ赤な濃厚ソースが絡まり、具として半熟卵とキュウリ、ハムが添えられている。韓国のビビン冷麺を連想させるビジュアルだ。他のメニューとは違い冷うどんだけの選択となるのも、まさにビビン冷麺のうどん版といえる。さて、気になるお味のほうは?
ひとくち食べて驚いた。コチュジャンの強烈な辛さをイメージしていたのだが、意外にも甘辛い。この味は、日本の盛岡冷麺や冷やし中華のそれに近いかもしれない。冷やされたことで更に引き締まった讃岐うどんのコシのある食感も含め、予想以上に「日本の味」であった。

「韓国にあわせるのか、日本にあわせるのか迷いましたが、まずは日本の味を紹介することをベースに考えました」とは、韓国の丸亀製麺を運営する「TORIDOLL KOREA」取締役の清水氏。どうりで日本人にしっくりくる味付けなわけだ。韓国の人の反応は、「美味しい」という声もあれば、「辛さが足りない」という声もあり、賛否両論だそう。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク