bit

”銭湯コミュニケーション”の復活を目指すお医者さん

”銭湯コミュニケーション”の復活を目指すお医者さん
「震災銭湯」の実現に向けた活動に取り組む、酒井太郎医師
目印は、高く空に伸びた煙突。寺社建築を思わせる建物に近づくと、カコーン、カコーンと、桶の音。番台で料金を支払う。「おいおい、そっちは女湯だよ。スケベなヤツだなあ」なんてお約束をかまして、番頭さんに叱られつつ、脱衣場で服を脱ぎ、いざ浴場へ。風呂の匂い。湯けむり。富士山のペンキ絵。浴槽の、熱いお湯。初めて会う人たちとも気軽に話し、笑い合う。体を洗ってサッパリしたら、もう一回浴槽で温まって、よし、出よう。服を着てしまう前に、コーヒー牛乳を一気飲み…。

日本人は、風呂好きだ。自宅に風呂があっても、温泉や銭湯に足を運ぶ。アカの他人と、裸で、同じ風呂へ入ることに、抵抗を感じない。そんなことより、自宅の風呂よりも広い浴槽にゆったりと浸かれることが嬉しい。だからであろう。いわゆる「スーパー銭湯」と呼ばれる入浴施設が、2000年代の頃から急速に増加してきた。

ところが、冒頭のような「銭湯」は、年々減少傾向にあるという。業界団体によると、一週間に一軒の割合で銭湯が廃業に追い込まれているそうだ。たしかに、健康ランドやスーパー銭湯はあっても、“普通の"銭湯はあまり見かけなくなった。

ちなみに、健康ランドやスーパー銭湯も、“普通の"銭湯も、同じ「風呂屋」ではあるが、厳密には別物である。「公衆浴場法」によって、“普通の"銭湯は「普通公衆浴場」、健康ランドやスーパー銭湯は「その他の公衆浴場」に分類されている。また、健康ランドでは入浴道具や館内用のガウンなどが貸し出され、食堂、ゲームコーナー、プール、ボウリング場等々が併設されており、利用料金は数千円する。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年7月24日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース