bit

なぜフランス人はドギーバッグを使わないのか?

なぜフランス人はドギーバッグを使わないのか?
確かに高級レストランでドギーバッグは頼みづらい。
日本ではまだまだなじみが薄いドギーバッグ。ドギーバッグとは、外食した時に残した食事を、持ち帰るための容器のことだ。米国では食文化の1つとしてドギーバッグが根付いているそうだが、フランスでは一般的でない。食べ残したものを持ち帰れて便利に思えるが、なぜフランスでは広まらないのだろうか。

理由の1つはフランスの習慣だ。
仏メディアが伝えた、ドギーバッグ擁護者であるエコ・バッグ会社設立者の話を引用すると、残り物を持ち帰るというのは恥であり、ドギーバッグをレストランで頼むことで、周囲にそれが知れてしまう。これは「ありがとう」を言わなかったり、自分の後に通る人のためにドアを押さえなかったりすることと同等の無作法であって、しつけのなさをあらわにしてしまうという。そのため米国のように、残したものを家に持って帰ることは好まれない。
実際1990年代から2000年代に、ドギーバッグをフランスの食文化として広めようとした動きはいくつか起きたが、結局何も変わらなかった。これを受けて、レストラン側も客にドギーバッグの提案をやめてしまったのだ。

フランスと米国の食事内容の違いも、ドギーバッグが広まらない要素だ。フレンチの皿は、北米のように大量の、おなかにたまるようなふかした料理は盛られない。そのためドギーバッグの必要性も薄れる。フランスと料理のルーツを同じにするイタリアやベルギーでも、ドギーバッグは一般的ではない。

主流ではないものの、ドギーバッグを用いるお店もある。パリのとあるレストランではいつも提案しているという。客はしばしば驚くものの、みな満足して持ち帰ってくれるとか。

あわせて読みたい

  • フランスでメロンは半額!? 高い日本の果物価格

    フランスでメロンは半額!? 高い日本の果物価格

  • オレンジ味じゃない本場のオランジーナとは

    オレンジ味じゃない本場のオランジーナとは

  • コネタの記事をもっと見る 2014年3月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら