bit

帰宅難民になったときの「そなえ」は十分ですか

帰宅難民になったときの「そなえ」は十分ですか
「そなえさん」ユニットタイプ。「東京都帰宅困難者対策条例」に最適なタイプ。ハンドルとキャスター(オプション)を取り付ければ持ち運びにも便利。
東日本大震災が、私たちに残した教訓の中の一つ、それは帰宅困難者の対策をとること。
2013年4月に東京都帰宅困難者対策条例が施行された。これによって、オフィスに3日分の水や食料を備蓄することが努力義務となった。

「あの日、混乱の中、十数キロを歩いて家に帰るのは本当に恐ろしい経験でした。会社にとどまった方が安心だと思いました」
そんな経験を語ってくれたのは、内田洋行の女性社員有志で成る「プロジェクトPOTHOS」(ポトス)のメンバーたち。彼女たちは、防災について多くの意見を交わしてきた。そして、個人用防災“倉庫”の製品化に至った。
製品名は「そなえさん」。自分のデスクの下に備える個人用防災備蓄ボックスである。

「そなえさん」について、ポトスのリーダーである、大島利佳さん、松野由香さんに話を伺った。

――「そなえさん」について教えてください。
(松野さん)「そなえさん」は1人分の水と食料を約3日分収納可能なユニットタイプ、約1.5日分収納可能なコーナータイプ、約1日分収納可能なミニタイプと、3タイプがそろっています。「そなえさん」ユニットタイプのうすい幅は、2リットル用ペットボトルの幅が基準となりました。

デスク下に「そなえさん」を置きたくても、邪魔にならないかと気になっていたのだが、実際目にしたところ、幅は薄く、デスクの奥に置けるので全く支障をきたさない。

――防災用品を備蓄している会社はあると思うのですが、個人のデスクで備蓄する考えに至ったのはなぜですか。

あわせて読みたい

  • 防災頭巾になるエコバッグ

    防災頭巾になるエコバッグ

  • 本屋に並ぶ防災グッズには何が入ってる?

    本屋に並ぶ防災グッズには何が入ってる?

  • 選ぶのも楽しいスタイリッシュな「防災グッズ」

    選ぶのも楽しいスタイリッシュな「防災グッズ」

  • こんなモノも活用! 独自の視点で集めた防災グッズ特集

    こんなモノも活用! 独自の視点で集めた防災グッズ特集

  • コネタの記事をもっと見る 2014年4月23日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース