bit

フランス語になった「禅」 ~日本の宗教は欧州でどのような活動を行っている?

日本の宗教は欧州でどのような活動をしているのか? フランスはキリスト教国と思われがちだが、(もちろん歴史的にキリスト教がベースになって文化が形作られてきたものの)多様な民族・宗教の人々が集まる多宗教国家である。日本のいくつかの宗教団体もパリに欧州を統括する支部を置き、文化イベントを通じて自らの教義の紹介や、現地信者のサポートを行っている。

その規模は伝統宗教から新宗教まで、宗派によってさまざまだ。海外での布教活動とはどのようなものなのか? 各団体の現地での活動を取り上げながら、フランスを中心に欧州の日本宗教の様子を、何回かに分けて明らかにしていこう。
フランス語になった「禅」 ~日本の宗教は欧州でどのような活動を行っている?
仏中部ブロア近郊の禅道尼苑


フランス語になった禅


禅宗はフランス人にもっとも知られた日本の宗教である。「Zen(禅)」という言葉は、「静かな」「落ち着いた」という意味で、すでにフランス語として使われ、「坐禅」は瞑想の一形態として広く認知されている。その禅宗のなかで、「只管打坐(ただひたすすら坐禅すること)」を唱える宗派が曹洞宗である。同宗はパリ市内11区に、「ヨーロッパ国際布教総監部」という活動拠点を持ち、日本から派遣された僧侶が常駐している。

総監部の主な役割は、欧州で活動する欧州人僧侶のサポートで、一般向けの活動はあまり行われていない。事務所としての小さなスペースしかないため、日本とヨーロッパ各地の寺院との連絡業務が主たる活動になっている。

一般向けの布教活動を担っているのが、欧州各地に点在する現地人経営の禅道場である。家の一室を提供しサークルのような形で坐禅をするところから、建物のワンフロアを借り仏像も安置している大規模な道場まであり、これら道場は現地人僧侶や禅道場のメンバーによって営まれている(「メンバー」とは、禅に興味があり坐禅などに参加している現地の人々のことで、日本の檀信徒の制度とは状況が異なる場合も多いため、現地ではこう呼称する)。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。